チケットなし!コムローイ祭り参加方法、教えます!【チェンマイ】

タイ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!今回の記事は、チェンマイのコムローイ祭りの参加方法について!

コムローイ祭りとは、日本人にも大人気のタイのお祭り。この祭りのためだけに、この時期にタイを訪れる観光客は多いです。そして、声を大にして「その価値がある!」と、言えるほどに美しい。本当にマジックです。

しかし、実はコムローイ祭りに参加するにはチケットが必要。しかも、これがなかなか高額。バックパッカーにはきついです。

そこで!チケットを購入せずに、コムローイ祭りに参加する方法もあります!

ということで、この記事では、チケットなしでコムローイ祭りに参加する方法を紹介します!

コムローイ祭りとは

この写真を見て、「ハッ」とした人も多いのではないでしょうか。そうです!ディズニーの「塔の上のラプンツェル」のワンシーンで出てくる幻想的なお祭り。

このモデルがタイ、チェンマイの「コムローイ祭り」。世界一美しい祭りとも言われています。

 

(注意)現地では「コムローイ」では通じない

ここで注意!タイでは「コムローイ祭り」では通じません!

実は、チェンマイだけでなく、タイ全土でこの時期に「ロイクラトン」という灯篭を川に流すお祭りがあります。その中でチェンマイのロイクラトンは「イーペン祭り」と呼ばれており、このイーペン祭りのイベントの1つが、コムローイなのです!

なので、現地では「イーペン祭り」「ランターン・フェスティバル」と言えば通じます!

 

コムローイ祭り(チェンマイ)への行き方

コムローイ祭りはタイ北部の街「チェンマイ」で、毎年11月初旬頃に行われます。バンコクからチェンマイの行き方は、以下の3つ。

 

飛行機

一番早く着きますが、一番高くなります。

  • 所要時間:1時間
  • コスト:1300~2000B(4000〜6000円)

コムローイの時期は高くなる(1〜2万円)ので、早めの予約をオススメします。

 

鉄道

一番人気かつ、王道の方法です。寝台もあって、夜行寝台で行くのが定番です。もちろん昼も出てます。

  • 所要時間:12〜15時間
  • コスト:
    • 寝台:700〜1000B(2000〜3000円)
    • 三等席:300〜500B(1000〜1500円)

人気という事もあって、コムローイ付近では予約いっぱいになってしまうので、早めの予約必須です!

僕は、余裕ぶっこいて、まんまと逃しました☆

 

バス

こちらも定番中の定番。値段が寝台列車とほぼ同額という事もあって、特にコダワリがなければ鉄道をおすすめしますが、鉄道を予約し損ねた場合(僕のように)はバスを利用しましょう。

  • 所要時間:12〜15時間
  • コスト:700~800B(2000〜2500円)

コムローイ開催の本当に直前(1〜2日前)にはバスもいっぱいになるので注意!

このバスが、完全フラットで個人用モニターで映画も見ることができて、かなり快適です!

上記写真のように、オンラインでバスの時間を知りたい場合は、こちらから!

 

チケットなしでコムローイ祭りに参加する方法

ちょっと待って。祭りなのにチケットがいるの?

まず、それが僕の最初の驚きでした。バンコクで情報収集していると、みんな「チケット必要だよ」と。そして、このチケットがなんと100USD以上!

「そうなんだ」と、納得してお金を払えるなら良いです。しかし、冷静に考えて現地のタイ人達が、そんなお金を払えると思いますか?

つまり、伝統的なお祭りとは別物な訳です。

 

本来の伝統あるお祭り「イーペン・フェスティバル」

  • 市内で開催
  • チケット不要

 

観光客用の「イーペン・インターナショナル・フェスティバル」

  • 市内から離れた大学で開催
  • チケット必須
  • 参加者はほぼ観光客

 

しかし、インターナショナル は凄いらしい

RETRIP<リトリップ>公式さん(@retrip_news)がシェアした投稿 –

しかし、大金を支払うメリットはあります!

「インターナショナル」は、みんなで一斉にランターンをあげることができるそう。だからこそ、上のような写真が可能になるんです。

一方、ローカルの方ではこうはいきません。

夕暮れ時から深夜までみんなが好き勝手にあげるので、当たり前ですがバラバラです。

しかし、それでも、めちゃめちゃ綺麗!どちらをオススメするかは、その人次第です!

▶︎せっかくなら最高に綺麗な物を見たい!

→ インターナショナル

▶︎現地人と一緒に本物を見たい!

→ ローカル

 

祭り参加中はランターンに気をつけて!

参加して初めて気づきますが、この祭りめちゃめちゃ危険です。笑 

ランターンは市内どこでも売っていて、大体20〜50B(60〜150円)くらい。飛ばし方も知らずに、皆が見よう見真似で飛ばします。しかし、このランターンが中々思うように飛ばない!

風で流されて横に飛んだり、飛んだと思ったら落ちて来たり。そして、このランターンの落ちる先はどこかわかりますか?

市内は超満員。全員が写真を撮ること、自分のランターンを飛ばすことに夢中で、飛んでくるランターンに気づきません。

「ランターン」と可愛く言ってますが、要は「火がついた紙」です。紙に火が付きゃ燃えます。トリックなしです笑

冗談でなく、大体30秒に一回は悲鳴が聞こえます。。何で事故が起きないのか不思議です。

しかし、危険だとは言っても、気をつけていれば問題はありません!(フォロー)

 

ロイクロトン(ピン川での灯籠流し)も同時開催!

上述しましたが、この時期にタイ全国で行われている「ロイクロトン」も、同時開催しています!

橋の付近では、ロイクラトンとランターンのコラボを見ることができて、とても幻想的です。このコラボが見られるのはチェンマイだけ!

流す灯篭も市内で20〜100B(60〜300円)で購入できるので、ぜひ参加してみてください!

 

チェンマイでオススメの安宿

チェンマイでオススメの宿はチャン ホーム ゲストハウス (Chang Home Guest House)です。

チェンマイの中心にあり、コムローイの会場からも近い!近すぎないので、うるさすぎることもなく、快適でした。ゲストハウス内も清潔で、居心地が良かったです。1泊400円程。

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★☆☆☆
  • 雰囲気:★★★★☆
  • シャワー:★★★☆☆
  • WiFi:★★★★★

 

まとめ

ということで、チェンマイのコムローイ祭りについてでした!

有名なコムローイ祭りは本当に最高に美しいです。死ぬまでに一回は訪れたい場所の一つ。

また、チェンマイまで来たら、近郊にある「バックパッカーの聖地」パーイもオススメです!

See you!

Always think easy, go easy.