【ゼムン】ベオグラード市内から路線バスでガルドシュ塔へ!

セルビア

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ベオグラードの観光スポット、ガルドシュ塔について!

ベオグラードはセルビアの首都で、バルカン半島の玄関口となる都市。ベオグラードのニコラ・テスラ空港にはLCCが沢山発着するため、多数の観光客の集客に成功しています。

ベオグラード観光は1日あれば、一通り回ることが可能。

その中で、市内から少し離れたところに「ゼムン(Zemun)」と呼ばれる地域があり、ここにガルドシュ塔という、ベオグラードを一望することのできる塔があります。

市内からはバスでアクセス可能なので、観光に時間が余ったら、是非行ってみると良いスポットです。

ということで、この記事では、ベオグラードのガルドシュ塔について紹介します!

ベオグラードとは

ベオグラードは、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。

かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。

ヨーロッパでも最古の都市の1つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。

中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。ベオグラードはオスマン帝国ハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。

2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。

wikipediaより

上記のように、ベオグラードはヨーロッパでも有数の歴史の古い町です。

バルカン半島はその立地から、古代ローマやギリシャの影響を多く受けており、歴史が古い。その中でもベオグラードはドナウ川沿いという立地の良さから、これまで多くの国や帝国の重要な拠点となってきました。

wikipediaを読んで、ベオグラードの支配の歴史に驚きました

 

ガルドシュ塔へ行き方

ガルドシュ塔は、ゼムン(Zemun)という地域に位置し、ベオグラード市内からはバスでアクセスすることになります。

バスは写真の上の青いラインで、最終駅の「Zemun」まで行きます。バスの番号は83番です。

 

ゼムンからは歩いてガルドシュ塔へ

バスを降りたら、そこからは歩いて向かえます。バスの降り場がわからなかったりする場合は、オフラインマップのmaps.meを事前にダウンロードしておくと便利です。

小さな町ですが、途中に教会もあったりして、そこそこ楽しめます。

セルビア正教の教会は、小さな教会でもどこも豪華絢爛です。

途中から坂になりますが、そこまでしんどくないので、安心してください。

ようやく、ガルドシュ塔に到着!

塔自体は近くから見ると、思いのほか小さいですが、丘の上にあるので上からの景色は最高です。

ドナウ川も一望できます。

 

観光後はドナウ川沿いのカフェでゆっくり

ガルドシュ塔から降りた後、ドナウ川沿いにはお洒落なカフェやレストランが並んでいます。雰囲気も良くて、川を見ながらリラックスできるので、オススメです。

 

まとめ

ということで、ベオグラードのガルドシュ塔についてでした!

ベオグラードの市内観光を終えた後は、オススメ!2時間くらいあれば、行って帰って来れますよ!

次の記事では、バール鉄道でのベオグラードからポドゴリツァへの移動について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.