【ケニアサファリ】初めてのマサイ族!ジャンプ力がエグい!【マサイマラ3日目】

ケニア

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ケニアのマサイマラ国立公園でのサファリ3日目について!

大満喫のエジプト周遊を終え、ついにケニアへやってきました!

ケニアに来た目的、それは100%サファリです。そりゃそうです、それしかありません。エジプトから帰国するか、ケニアだけかじってから帰国するか悩んだ結果、ケニアにやって来ました。

ケニア行きを決めた理由は、ちょうどこの時期(1月)は、ベビーラッシュで、ライオン、チーター、象、キリン、シマウマ、、とほとんどの動物の赤ちゃんが見れるから。こんなラッキーなタイミングはない。ということでやって来ました。

ケニアにはいくつかサファリができる国立公園があり、今回は、一番有名な「マサイマラ国立公園」へ。僕たちはマサイマラで2泊3日しました。

いよいよ、3日目。この日は、サファリには行かず、マサイ族の村を訪れます。これもかなり楽しい!オススメです!

ということで、この記事ではマサイマラでのサファリ3日目について紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

3日目 再び快適な朝

ベースキャンプはとても快適。ぐっすり眠れます。宿泊施設はテントですが、かなり立派で、仲良し日本人3人でシェアしているので、気も楽。

3日目は、6時半に起床し、朝ごはん。7時にマサイ族の村へ出発です。

朝も夜もビュッフェ形式で、ガッツリ食べれる。しかも激ウマ。

 

7:00 マサイ族の村へ

朝7時。ベースキャンプの前でガイドを待ちます。マサイ族の村に連れて行ってくれるのは、ピーターではなく、マサイ族のガイド。7時になるが、やってこない。まあ、その辺は想定の範囲内。

アフリカの空は本当に綺麗。今日は3日間で一番天気の良い朝。これなら、サンライズ見れたかもしれないでsyが、やっぱり雲が多いので厳しいかな。

ようやく、マサイ族のガイドが到着。てっきり車で来るのかと思っていたら、徒歩。

あれ?そんなに遠くないのかな?

4秒後、

着いたぞ

いや、近ない!?待ち合わせの意味!

 

マサイ族の歓迎の踊りスタート

着いたと思いきや、だいぶ食い気味に「歓迎の儀」が開始。

いや、早ない!?準備とかさ!あるのよ!

ワチャワチャしていると、早くもクライマックス感が。

いや、だから早ない!?

と、笑いを取りに、ちょっと盛り気味に語りましたが(←おい)、実際は、僕たちも混ざってマサイの踊りを踊ったり、マサイジャンプを一緒にしたり、10〜15分くらい歓迎されます。

ただし、ビジネス感満載なのは、否めません。そりゃそうですけど。

 

マサイ族の村の中へ

いよいよ、マサイ族の村の中へ入って行きます。ここからは割と楽しい。

マサイ族にとって牛は大事な家畜。ミルク、肉としてだけでなく、糞も家作りに重要な資源です。

乳搾りをするマサイ族のお母さん。

そして、それを見つめるマサイの子供。彼も、大きくなったらマサイの戦士になります。

マサイの伝統的な火起こし方法を紹介してくれます。

火がつきました!

そして、その後は、ガイドの家の中へ。彼は、この村の長の息子らしく、いつかは長になるんだそうです。先ほど、紹介したように、この家は、牛の糞を固めてできています。糞から家を作るのは、女性の仕事だそうです。

家の中はとにかく暗い。窓のようなものはありません。ガイドの子供達が迎えてくれました。

マサイの村での滞在は、およそ45分ほどかな。思ったよりも短いし、物足りなかった。最後は、学校へ向かうマサイの子供達と遭遇。マサイの子供達も制服を着ています!

マサイ族と言っても、かなり広範囲に住んでいて、普通にスーツを着て町のオフィスで働いている人も多い。

逆に、伝統的な生活をしているのは、ここのように「観光のため」の見せ物をしている人がほとんどなんだとか。まあ、そうだよね、、多分、どこの世界も同じだと思います。

 

8:00 ナイロビへ!しかしトラブル発生!

マサイ族の村を後にし、ベースキャンプへ戻る。荷物をバンに詰め、ナイロビに戻ります。

走り出すこと30分ほど。ここでトラブル発生です。

車が止まってしまった。渋滞です。しかも、10分、20分待てども動き出す気配がない。後ろにも、どんどんと車が集まってきます。

業を煮やしたピーターが、車を旋回し、道無き道を爆走し、前へすすむ。

え!え!え!え!大丈夫!?

そして先頭にたどり着くと、先頭車が、泥道でスタックしてしまっている。

しかも、助けているのは、マサイ族の人たち。そうです。この辺には、マサイ族が沢山います。

近隣の村から続々と集まるマサイ族達。

観光客からのチップ目的で、写真撮影をしに来ていました。笑

しっかりしとんな

30分近く待つも、動く気配はなく、僕ら観光客も全員動員されます。近場の石をひたすら集めてくる。

そして、みんなで押しまくります。この時の、リーダーはなんと、我らがピーターでした。そして、1時間かかって、なんとか車を救出。

先頭でリーダーシップを発揮していたピーターはこんな感じに。できる男です。

おかげで僕らの靴は泥だらけ。日本人らしく、車に乗り込む前に丁寧に泥を落とす僕たち。それを見たピーターは、

何しとんねん、さっさと乗らんかい

シュン

帰宅途中、いつも通り、シマウマやキリンが沢山出てくるも、車は止まりさえしない。ノールックです。もうええねん。

途中、ランチ休憩を挟み、17時頃、ニューケニアロッジに到着。かなり疲れていたようで、この日は爆睡でした。そして、熱湯のシャワーが嬉しい、、運悪く、ベースキャンプは停電で水シャワーしかなかったので、、

ただし、ニューケニアロッジのシャワーはかなり暑くて、調整もできない。特に熱湯に弱いアキエさんは、いつもシャワーの中で踊りながら耐えているんだとか。癖が凄い。

 

ついに、世界周遊旅のまとめ動画(完成版)が公開!

現在、この時間を活用して、2年半に渡る旅のまとめ動画を作成していました。これが、かなりの長作になり、結構時間がかかっていたのですが、ようやく完成!

これまで、Part.1〜3を紹介して来ましたが、ついに完成版を公開しました!

かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

まとめ

ということで、マサイマラサファリ3日目についてでした!

楽しみにしていたマサイマラサファリも、ついに終わってしまった、、予想を遥かに超えた満足度でした。しかし、一つだけ欲を言うと、「BIG5」の最後の1頭、サイも見たかった、、

でも、マサイマラ には、そもそもサイが少ないので、最初から難しいのは知っていた。ただ、まさか他の4頭全部観れるとは思っていなかったので、「ここまで来たら、、」感がすごい。

と言うことで、帰宅の翌々日、野生のサイが見れることで有名な「ナクル湖」にサファリに行きます。この時のガイドもピーターでした。笑

最初からそのつもりであれば、マサイマラから直接ナクル湖に行くこともできて、その方が料金的にもお得です。

次の記事では、ナクル湖サファリについて紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

2020年4月12日
 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

2019年6月13日
 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

2019年5月17日
 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日
 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。