【ゴリス観光】タテブ修道院への行き方!ヒッチハイクで行こう!【2019年版】

アルメニア

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、アルメニアのタテブ修道院について!

アルメニアの首都エレバン、ナゴルノ=カラバフの首都ステパナケルト観光を終え、アルメニアのゴリスへやってきました!

ゴリスはアルメニア南部の町。イラン国境まですぐです。町自体はかなり小さな町ですが、この町には「タテブ修道院」という絶景の修道院があります。

しかし、人気の観光スポットでありながら、公共機関は整備されていません。基本的に、タクシーのみ。ということで、僕はヒッチハイクで行ってきました。

また、タテブ修道院にはオススメの展望スポットもあるので、その辺も紹介したいと思います。

ということで、この記事ではタテブ修道院への行き方と歩き方について紹介します!

タテブ修道院とは

タテブ修道院はアルメニア南部の都市、ゴリスの南東30kmほどのところに位置する修道院。

玄武岩の上に立つタテブ修道院は、9世紀に建てられ、その景色は圧巻。まるで天空の城のようです。

修道院は、山間に立つため、車で行くとかなりの峠を越えることになります。

そこで、人気なのが「Wings of Tatev」という名のロープウェー。全長5752mあり、世界最長のロープウェーとして、ギネスにも登録されています。

 

ゴリスからタテブ修道院への行き方

ゴリスからタテブ修道院までは、36kmほどで、車で1時間弱かかります。これは、ロープウェーに乗らず、車で峠を越えて、修道院まで行った場合の距離です。後述しますが、料金は高いですが、ロープウェーはかなりオススメです。

ロープウェーに乗るにせよ、乗らずに車で修道院まで向かうにせよ、ゴリスからタテブ方面へ向かうバスはありません。夏はあるらしいことも言っていましたが。

方法は、タクシーとヒッチハイクの二択です

ロープウェー乗り場まで片道40分ほどの距離。タクシーだと、そこそこの金額になります。ということで、僕はヒッチハイクで向かいました。以下、ヒッチハイクについて軽く紹介します。

タクシーは、町に沢山いるので、料金交渉して乗ればOKです。

 

ゴリスからロープウェーまでのヒッチハイク

幹線道路まで歩くかヒッチハイク

まずは、ヒッチハイクしやすい幹線道路まで出る必要があります。市内から歩いて40分ほど。結構あります。しかも、坂道でしんどい。

車通りも多いので、ここでもヒッチハイクしても良いと思います。あわよくば、そのままタテブ方面に行く可能性もあります。

 

幹線道路からエレバン方向へ(タテブの分岐まで)

幹線道路に立ったら、もう道はエレバン方向に1本なので、割とヒッチハイクは簡単です。しかも、アルメニアは本当にヒッチハイクしやすく、5分くらいで止まってくれました。

この車がタテブへ行ってくれるならありがたいですが、中々そう上手くはいきません。エレバン方向へ向かう車に乗り、タテブの分岐で降ろしてもらいます。

所要は10分ほどです。

ここが分岐あたり。少しひらけた場所になっているので、ここで、タテブ方向へ行く車を待ちます。

 

分岐からタテブ方向へ

ここの分岐からタテブ方面へ行く車はかなり少なくなるので、待つ必要があります。そして、来た車を逃さないように。

とは言っても、僕はここでも5分ほどで捕まえることができました。トラックです。

分岐からタテブまでもほぼ1本道。運が良ければ、ロープウェー乗り場まで連れて行ってくれるかもしれませんが、手前の町で下される可能性もあります。

僕は、手前の町で降ろされ、そこからもう一台ヒッチハイクし、ロープウェー乗り場まで到達しました

トータルの所要は40分ほどでしょうか。多分、ヒッチハイクしていた時間も10分ほどだと思います。本当に簡単でした。

 

ロープウェーは高いけど、絶景

ということで、ロープウェー乗り場に到着しました。

実は最後にヒッチハイクした車が、タテブの町(修道院がある)まで行くということで、ロープウェーに乗らずに行くこともできたのですが、せっかくなのでお断りし、ロープウェーに乗ることに。

ちなみにチケット代は、片道5500ドラム(1250円)往復7000ドラム(1600円)です。

今この記事を書いているイスラエルの物価で考えたら、「あ〜そんなもんか〜」ですが、アルメニアの物価を考えると半端なく高い。

正直、ヒッチハイクのおっさんに「乗ってけ」言われた時、悩みましたが、結果は乗って良かった。

超絶絶景です。確かに車に乗って、復路のみでも良かったかもですが、2回乗っても楽しめました。

そして、車で乗った場合、その峠を越えて行く事になります。

さらに、ロープウェーに乗っている10分の間、いくつか見どころもあります。写真は、山の中に佇む古い修道院。他にも遺跡や、滝など見どころがあります。

僕がタテブへ行った時は、紅葉真っ盛り。

めちゃめちゃ綺麗でした

ロープウェーの往復チケットを購入する場合、行きと帰りのロープウェーの時間を決める必要があります(30分間隔)。

その時間に乗れないと、新しいチケットを買う必要があるそうですが、席が空いていれば早めの便に乗ることは可能だそう。なので、遅めの時間にしておいて、好きな時間に帰る方が無難です。

 

タテブ修道院に到着!

いよいよタテブ修道院へ着きました!中へ入っていきます!タテブ修道院は、こんなに立派で見応えがあるのに、入場料はかかりません。

内部には小さいながら博物館もあり、かなり楽しめる。なのに無料ってすごい。ロープウェーが高い分、有難いです。

ゲガルド修道院含め、アルメニアの修道院って本当に雰囲気が全然違う。

歴史を感じます。

そこまで大きな修道院ではないですが、入り組んでいるので、適当に歩いていると迷子になります。所要は30分程度かと思います。

 

タテブ修道院のオススメ絶景スポット

タテブ修道院は内部も素晴らしいですが、やっぱり見たいのは、この風景ですよね!この景色を見るためには、修道院から20分程度歩く必要があります。

具体的にはここです。

修道院の前にはタクシーが待ち構えているので、タクシーで行くこともできますが、徒歩でも20分ほどなので、全然歩けます。

こんな感じの道を歩きます。

到着!半端ない!ここで持参していたランチを食べて、ゆっくりします。

ちなみに、mpas.meでは、このビューポイントの下に軽い登山道が出ています。気になったので、時間がある僕は行ってみます。道は結構危ない。

なんか遺跡的なのが出てきます。

ここからは修道院を見上げる形になりますが、特段映える訳でもないので、行かなくてOKです。笑

タテブを満喫後は、ロープウェーに乗って、ヒッチハイクでゴリスへ戻ります。帰りのヒッチハイクは少し苦戦しました、、

助言するなら、ロープウェーのパーキングエリアで出待ちすることをオススメします。ほとんどの車がゴリス方面に帰るはずですからね。

 

まとめ

ということで、ゴリスのタテブ修道院についてでした!

タテブ修道院はエレバンから離れているので、スキップしてしまう人も多いようですが、アルメニアで一番の絶景でした。

これまた有名なジョージアのカズベキよりも遥かに感動しましたよ!また、ゴリスまできたら、ついでにナゴルノ=カラバフに寄ってみることをオススメします!

次の記事では、ゴリスからエレバンへの移動方法について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.