【総距離1860km】念願のタンザン鉄道1日目!一等個室貸し切りで快適すぎた

タンザニア

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、タンザン鉄道(タンザニア→ザンビア)の1日目について!

ついに、アフリカ周遊がスタート!

ケニアのナイロビ、ウガンダのカンパラ、ルワンダのキガリを観光した後、タンザニアのムワンザ、楽園ザンジバルを満喫し、ダルエスサラームにやってきました。

ダルエスサラームに来た理由は一つだけ。タンザン鉄道に乗るためです。タンザン鉄道は、タンザニアとザンビアを繋ぐ鉄道で、ダルエスサラームから3日かけて、ザンビアまで移動可能。

僕らは一等の個室を貸し切りにしたので、めちゃめちゃ快適だった、、

ということで、この記事ではタンザン鉄道列車旅の1日目について紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

タンザン鉄道とは

タンザン鉄道は、タンザニアのダルエスサラームと、ザンビアのカピリ・ムポシを繋ぐ鉄道で、全長はなんと1860km。日本の本州が1500kmなので、それより長い、、

タンザニアからマラウィなどに行かない限り、タンザニアとザンビアの間には、目立った観光地がなく、多くの旅人がこの間を鉄道で移動。アフリカを横断する旅人には人気の鉄道です。

日本の新幹線であれば、本州を端から端まで1日あれば移動できますが、アフリカではそうはいかない。全長1860kmを、2泊3日かけて移動します。

チケットの買い方などについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

列車トラブルで乗車が1日遅れ

前回の記事でも紹介したように、タンザン鉄道の発着は週に2回のみ。僕たちは金曜日の列車に乗る予定でした。出発時刻は14:30なのですが、駅に12:30までにいく必要があるので、12時前頃に宿を出ようと。

すると、既に駅に行っていた他の友人から、「トラブルでまだ列車がザンビアから戻ってきていないらしく、1日延期になった」と連絡が来ました。

そろそろ宿を出ようと思っていたところなので、助かった、、

という事で、宿をそのまま延泊。もう一日この何もないダルエスサラームで過ごすことになりました。

 

翌日、ダルエスサラーム駅へ

朝、宿のおっちゃんに駅に電話してもらい、今日は出発することを確認。12時頃に宿を出て、ダルエスサラーム駅にやってきました。

チケットは持っているので、そのまま奥に進みます。

寝台(一等、二等)を希望の場合は、直前ではまず買えないと思います。前日、前々日でも売り切れです。詳しくは、こちらの記事を。

階段を登ると、一等車専用のラウンジがあります。と言っても、特にチェックもなく、誰でも入れますが。僕の友人は三等だったのですが、普通に一緒に入れました。

ラウンジといっても、こんな感じで椅子があるだけ。

しかも、雨漏りしていて、最悪の空間。笑

 

いよいよタンザン鉄道に乗り込む!

ようやく列車が到着したということで、ラウンジを出て、フォームへ向かいます。

これまで5人で旅をしてきた僕らですが、ここで一旦2:3に別れます。二人は途中下車し、マラウィへ。僕を含めた残りの3人は、そのまま終点のザンビアまで行きます。

という事で、最後にここで記念撮影。

「ハイッチー、、あ、、」

「あああ、、」

なんとか撮れました

 

タンザン鉄道紹介(一等個室)

いよいよ、タンザン鉄道に乗車。僕たちが予約していたのは、一等の個室。電話予約の場合、個室を丸々予約する必要があるので、僕らは3人ですが、4人部屋(一等)を予約。二等は6人部屋です。

結果として、駅でチケットを買えなかったドイツ人のライダーを勧誘し、4人になりました。

個室は広々としていて、快適です。

エアコンはないですが、ファンはあります。このファンが、出発前に故障していて、そこで軽くモメました。

誰に言っても、「今からエンジニアが来るから」としか言わない。僕は知っています。これはただのデマカセで、誰も来ないと。そして、列車が出発する時間になって「間に合わなかったな、タイムアップだ」となるのは、見えている。

日本であれば「もう出発まで時間がない!早くエンジニアを呼んであげないと!」ってなるでしょう。でも、アフリカとは言いません。海外では、「もう少しで出発だな、それまで時間を稼げば仕事しなくて済む」と考える人が多いのが現実です。悲しいですが。

結果、僕は文句を言い続け、出発ギリギリでなんとか直してくれました。

列車の中はとにかく快適。コーヒーマスターのセンとチハルが、毎日挽きたてコーヒーを淹れてくれます。

懸念点だった充電も可能。これは、ありがたい。なんと言っても3日もあるので。コンセントも2つありました。

相乗りのドイツ人も途中で降り、後半は4人部屋を3人で貸し切り。夜は鍵も閉められて、完全個室空間。安心して眠れるのは大事です。

もちろん、窓から車窓も楽しめます。

ここで、アフリカ人達が列車の中でフルーツを食べる時に、皮を窓からノールックで捨てているのを見て、「かっこいい!」という事で、「ノールックポイポイチャレンジ」が始まります。

 

他の車両紹介

三等車

という事で、他の車両も紹介します。レイナちゃんとマイちゃんは、マラウィに行くため、途中下車。そのため、チケットを電話予約していなかったのですが、前日の段階で寝台は満席。仕方なく、三等(シート)で向かうことに。

三等はこんな感じです。途中下車ならまだしも、3日間この場所は考えたくもないので、チケットは必ず事前予約することをオススメします。

 

食堂車

そして食堂車。朝、昼、晩、ここでご飯を食べる事ができます。

メニューは多くなく、チキン、ビーフ、魚という感じ。ご飯かウガリを選べます。

列車の食堂車で、ディナー。いくらアフリカとは言え、列車の中の食事はそこそこ値段がしそうですよね。しかも、ちゃんとしたご飯です。

しかし、これが驚き。なんと、4500シリング(210円)です。笑 ビールも3000シリング(140円)。

夜は個室なので、音楽をかけながら、トランプ大会。最高に楽しい。

 

まとめ

ということで、タンザン鉄道旅1日目の様子についてでした!

いよいよ念願のタンザン鉄道!ついにザンビアまで南下します!

席は人数がいれば、貸し切りがオススメ。4人でちょうど良いサイズだったので、二等にして、あの空間にもう二人いたら、結構窮屈だったと思います。

チケット購入は、電話予約が無難。もしも、ダルエスサラームへ1週間〜数日前に来る事ができるのであれば、駅で直接買うのもアリ。間違っても、前日〜直前はNGです。

次の記事では、出会いが沢山のタンザン鉄道2日目について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。