【ウクライナ】キエフの麺屋武蔵2店舗に行ってみたけど、味はイマイチ

ウクライナ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、キエフのラーメン屋「麺屋武蔵」について!

ブルガリア、ルーマニア、モルドバと東欧を周遊。モルドバの首都キシナウから、ウクライナへやってきました!リヴィウ愛のトンネルを観光後、首都キエフへ到着!

これまた見どころのキエフですが、そんなことよりもずっと楽しみにしていたことがあります。それがラーメンです!なんとキエフには、あの「麺屋武蔵」があるんです!しかも7店舗も!

長期の海外旅行をしていて、一番悩まされるのが日本食。その中でも、ラーメンを無性に食べたくなる時があるんです、、しかし、海外のラーメンは総じて不味い、、

そんな時に!あのチェーン店がキエフに!!日本のチェーン店なら間違いないだろ!と、思い行ってみました。が、結果は、、

ということで、この記事ではキエフの麺屋武蔵について紹介します!

キエフの麺屋武蔵

キエフには、あの日本のラーメンチェーン店「麺屋武蔵」が7店舗もあります。

市内中心部にも数店舗あるので、行きやすい場所を選べば良いかと思いますが、ブログ記事を見たところ、場所によって味が異なるという記事を多く見ました。

ということで、僕はその中でも評判の良かった以下の2店舗へ。

 

独立広場近くの店舗へ

まずはブログで多くの方が絶賛していた独立広場近くの店舗へ。もうウキウキが止まりません。

内装も良い感じです。すごい日本っぽい。

そしてメニューがこちら。ラーメンだけでなく、餃子やお寿司もあります。つけ麺もそそられます、、

ちなみに、ラーメンと丼物には、15〜18時限定の20%割引きがあります。 この時は、15時前だったので諦めました。

ラーメンのサイズにはLとXLがあるのですが、この20%割引はLにのみ適用されるとのことです。時間内に行って、XLを注文しましたが、割引はされませんでした。

ちなみにLはめちゃめちゃ小さいです。日本でいう小くらいのイメージ。XLで普通より少し少なめくらい。

この時は、ランチ時だったので、ラーメンにロール寿司と紅茶の付いたランチセットを注文。125フリブニャ(540円)です。

そして来たのがこちら。ラーメンは上述のLのサイズで、かなり小さい。男性の場合、がっついたら3〜4口で完食できてしまうサイズ感です。

お寿司も小さい。しかも、サーモンとキュウリのロールだったはずなのに、全くサーモンが見当たらない。海外のお寿司では、サーモンが小さいのはアルアルなのですが、これは中を開けても全くいません。笑

店員さんに聞いて見ると、「かなり小さいですが、入ってます」と。中を開けて見せると、流石におかしいと思ったのか、厨房に持って行きました。

「Sorry」と言って、持ってきてくれたのがこちら。これは完全に入ってますね。笑

ちなみにラーメンの味ですが、メチャクチャまずかったです。笑

麺もスープもマズイ。特に、麺がヒドイ。正直、スーパーで売ってるインスタント麺の方が美味しいくらい。これを絶賛している日本人ブロガーも多いので、日によって味が変わるのかも知れませんが、、

僕と同時期にキエフを旅していた日本人の女の子も、同じく不評でした。

 

宿の近くの店舗に再トライ

ずっと楽しみにしていたキエフの麺屋武蔵。

その存在を知った時から2ヶ月くらい、想いを寄せてきました。実は、ウクライナへ来ない可能性もあったのですが、「やっぱり行こう!」と思った理由の一つであったくらい。笑

その麺屋武蔵に裏切られた気持ち、わかってくれます?笑

諦めがつかない僕は、「美味しくない可能性は高い」と思いながらも、翌日、別店舗へ向かいました(←クライナ料理食え)。

ここで頼んだのは、前回のORIGINALではなく、STRONG。

そうです、もはやスープを濃くさせて、麺の不味さを誤魔化す手法に出ることにしたんです。笑

これが功を奏し、そこそこの味に!!

海外では、まあまあ美味しい方、日本では「あれ?これ、まずくない?」くらいの感触です(←微妙やん)。でも、前日のラーメンは、「海外でも不味い方」に入るレベルだったので、かなりマシです。

そしてサイズもXLを選んだので、ボチボチの量です。空腹時には間違いなく少ないですが。

 

まとめ

ということで、キエフの麺屋武蔵についてでした!

多くの方が絶賛していた麺屋武蔵。日本人ならラーメンが恋しくなるはず。しかし、結果は微妙でした。

まあ、わざわざラーメンのためにキエフへ行こうと思う人は少ないかと思いますが、「わざわざ行く必要は間違いなく無い」です。僕は若干、この「わざわざ来た」感が少なからずあったので、かなり残念でした。笑

次の記事では、キエフ市内から空港への移動方法について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.