【バス移動】モルドバのキシナウからウクライナのオデッサへ!【2019年版】

モルドバ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、キシナウからウクライナのオデッサまでのバス移動について!

モルドバの首都キシナウ、未承認国家の沿ドニエストルを観光後は、ウクライナへと向かいます!

ウクライナ最初の都市は、黒海沿いの町、オデッサ

と、言ってもオデッサは、リヴィウ行きの夜行列車に乗るための経由地として行くだけ。滞在時間は4時間ほどです。キシナウからオデッサまでは直行バスが出ていて、所要5時間ほど。鉄道でも行けるようです。

ということで、この記事ではキシナウからオデッサへのバス移動方法について紹介します!

キシナウからオデッサへのバス移動方法

キシナウからオデッサまでは、200kmほど。直行バスがあり、30分〜1時間間隔で出ているようです。

バスの時刻表は、こちらのサイトで確認できます。詳細は以下。

バス詳細
  • 出発時間:30分〜1時間おき
  • 所要時間:5時間
  • 料金:220レウ(1300円)

 

キシナウのバスターミナル

オデッサ行きのバスターミナルは北ターミナル。リヴィウなど、他のウクライナ行きのバスもこの北ターミナル発になります。

  • ウクライナ行き:北ターミナル
  • ルーマニア行き:南ターミナル
  • モルドバ国内行き:中央ターミナル

といった感じです。

市内からローカルバスを乗り継いで、北バスターミナルに到着(行き方は、後述)。12時のバスに乗る予定でしたが、渋滞にハマり、11時55分と言うギリギリに到着。

「オデッサ!オデッサ!」と叫び回ると、この建物の中でチケットを買えと。こう言う時間がない時に限って、バス上で買うタイプではありません。

チケット代は220レウ(1300円)。モルドバレウの手持ちが少なく、カード支払いできたので助かりました。ATMもそばにありましたが。

チケットを片手に、バス乗り場へ。12時、1分前。全然余裕でした。笑

残ったお金で、パンとコーラを買い、バスに乗り込みます

 

市内から北ターミナルへの行き方

北ターミナルへ行くには、この辺りからミニバンに乗っていくことができます。ホステルのおじさんに教えてもらいました。

北ターミナル行きのミニバンは173番178番

乗る前に「バスターミナル、ノード?」と、確認しておけば確実です。

ちなみに、このポイントまで遠いと言う場合は、トロリーなどで近くまで行くと良いです。

僕が泊まっていた宿からは、2番のトロリーで地図のあたりまで行き、そこから先ほどのミニバン乗車場所まで、5分ほど歩きました。

言うまでもなく、トロリーは2レフ、ミニバンも2-5レフ程?(忘れました)で、激安です。

 

ウクライナへ

国境を越えて、ウクライナへ

流石は、ウクライナ。入国審査はこれまでにないほど、かなりしっかりしていました。ゲートもショボく見えますが、あのポールをぶち破っていった場合、その下の無数の針でタイヤをパンクさせる仕組み。

ウクライナの国旗が美しい。青と黄色ってシンプルですが、綺麗。

ウクライナ人もこの配色に誇りを持っているようて、国境付近のものは全部、青と黄色でした。トイレのドアとか。また、町中でも結構、この2色の配色を見かけます。

 

オデッサのバスターミナル

キシナウからのバスは、この辺りに止まります。

オデッサの鉄道駅の近くなので、僕のようにこの後、鉄道で移動する場合はとても嬉しいロケーション。市内からも近いです。

 

オデッサからの移動は夜行列車がオススメ

オデッサからキエフや、リヴィウなどの都市に移動する場合は、夜行列車がオススメです。スピードは遅いですが、安く快適に移動できます。

今回、僕が購入した一等席はこんな感じ。相部屋ですが、2人部屋で、鍵もかけられます。

本来、1等席は1000フリブニャ(4300円)以上するのですが、前日の夜に予約サイトを確認したら、1席だけ半額の530フリブニャ(2300円)で発見!相当ラッキーでした。

駅構内には、荷物も預けられます。僕はここに荷物を預けて、21時半の電車の時間まで、4時間ほどオデッサ市内をウロついていました。

 

まとめ

オデッサの街並み

ということで、キシナウからオデッサへの移動方法についてでした!

バルカン半島、東欧周遊もついに最後の国!モルドバからウクライナへ向かいます!

キシナウからオデッサへは直行バスが頻繁に出ているので、移動もラクチン。キシナウの北バスターミナルへ行くのが、若干面倒ですが、そこまでわかりにくくもありません。

また、オデッサからその他の都市へは、夜行列車がオススメですよ〜!安いです!

次の記事では、オデッサから夜行列車でリヴィウへ移動します!

See you!

Always think easy, go easy.