【コロンバス】デカ過ぎ!オハイオ州立大学が凄い!【Ohio State University】

アメリカ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、アメリカ・コロンバスのオハイオ州立大学について!

先日、オハイオからフロリダまで、キャンピングカーでアメリカ縦断をした際に、数日滞在したオハイオ州の州都コロンバス。この町には、アメリカの名門「オハイオ州立大学」があります。

今回のキャンプ旅に招待してくれた友人、キャンメロンの母校でもあることから、1日大学見学をしてきました。

「え?1日?1日、大学見学したの?何するの?」と、思う方も多いかと思います。僕も最初はそう思いました。しかし、行ってみればわかります。

デカすぎるんです。笑

この「デカすぎる大学」というのは、オハイオ州立大学のみならず、アメリカの大学、いや世界中の大学では割とアルアルかと思います。日本の大学は小さいですからね。

しかし、実はオハイオ州立大学は、アメリカの中でもかなり大きい方だということでした。

ということで!この記事では、アメリカの名門、オハイオ州立大学について紹介します!

オハイオ州立大学とは

オハイオ州立大学(Ohio State University)は、オハイオ州コロンバスのダウンタウンの北約4kmに位置する州立総合大学。学生数は学部生・大学院生合わせて50,000人を超え、全米最大の規模である。

「OSU」と呼ばれる大学はオクラホマ州立大学、オレゴン州立大学など数多くあるが、米国では同校のことを指すのが最も一般的。

また同大学は、公立の名門校群であるパブリック・アイビーの一つに数えられる。 

Wikipediaより

オハイオ州立大学は、ダウンタウンからは離れていますが、レストランやバーなどが多く、賑わっているノース・ハイ・ストリート(North High Street)沿いにあるため、歩いて大学まで行くことができます。

 

 

とにかくデカい!オハイオ州立大学

  

オハイオ州立大学に入って最初に思うこと、それは間違いなく「デカいわ!」です。笑

上の写真、住宅街ではありません。大学内です。普通に道路があって、車も走っています。

日本の大学ではあり得ませんが、これも海外の大きな大学アルアルですね。ここのように大学がデカすぎる場合の他、大学が町に点在していて、町と融合している場合などもあります。

オハイオ州立大学内はデカ過ぎるので、普通にバスも走っています。笑 これ、無料です。

大きな庭園や池などもあるので、普通に散歩しに来るのもアリです。

 

設備も凄い!

もちろん施設の中にも入れます。何十棟も建物があるのですが、どの建物も綺麗で、洗練されていました。

図書館も沢山あって、本当に羨ましいです。

写真は図書館からの景色ですが、見えてる景色、建物、ほとんどが大学の施設です。笑

そして、この建物は大学の中心付近にあるので、この景色が360°広がっている訳です。いかに大きいかがわかるかと思います。

奥に見えるのは、大学のフットボール場です。普通にデカ過ぎるでしょ。笑

オハイオ州立大学のアメフトチームは強豪らしく、コロンバスの町中でチームのグッツを購入できるお店が沢山!

 

ジムもデカい!

何やら大きな建物があり入ってみると、その建物全体が大学のジムでした。

これ全部。むしろ、「大学のジム」とかでなしに、こんなにデカいジムを見たことすらない。本当にデカすぎます。こんなジムを使えるって羨ましい。。

プールもありました。

 

中庭の道、その由来が面白い

海外の大学でアルアルなのが、ひろーーい中庭。ここで、勉強したり、友達と騒いだり、映画などでよく見ますね。

この大学の広い中庭には、写真のように通路が敷かれています。これ、よく見ると、対称になっていません。

隣同士が近い道もあれば、離れているところも。なんだか、変な間隔。

キャメロン曰く、これは嘘か本当かわからないが、大昔、雪の積もった日に生徒の足跡を見て、その中で足跡が多いルートを道にしたんだとか。

なんだか、アメリカっぽいストーリーですね

 

まとめ

ということで、オハイオ州立大学についてでした!

コロンバス観光では欠かせないスポット!「日本の大学もこんなだったら良いのにな〜」と、感じながらの散策も楽しめます!

ちなみに、写真の赤い鳥は、オハイオの州鳥?みたいな鳥らしく、大学内でも見ることができました。探してみてください!

次の記事では、コロンバスの日本食料理屋について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.