【Tiny House】アメリカにて念願のタイニーハウスに初宿泊!

アメリカ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、アメリカのタイニーハウスについて!

皆さんはTiny House(タイニーハウス)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

タイニーハウスとは、その名の通り小さい(Tiny)家(House)です。アメリカを中心とした欧米諸国で、この小さな家、タイニーハウスに住むミニマルな生活が人気になっています。

自分に本当に必要なものを見つめ直し、必要最小限なものだけで生活するスタイル。所有せず、シェアできるものはなるべくシェアするという、シェアリングエコノミーの流れも追い風になっているように感じます。

日本でも、住所を持たずに宿を転々とする「アドレスホッパー」や、小型のキャンピングカーで生活する「バンライフ」が流行り出していて、タイニーハウスも注目され始めています。

今回、アメリカ滞在中にレンタル可能なタイニーハウスを発見し、宿泊してきました!

ということで!この記事では、アメリカのタイニーハウスについて紹介します!

タイニーハウスとは

タイニーハウス(Tiny House)とは、その名の通り「小さな家」のこと。

アメリカを中心に、必要最小限のものだけを所有し、小さな家に住むミニマルな暮らしが流行り出しています。

タイニーハウスが生まれたきっかけは、建築家サラ・スザンカの著書「Not So Big House」と言われており、豊かさの象徴=大きな家という価値観に疑問を投げかけ、小さな家での暮らしを提唱しました。

それを機に、アメリカ各地で少しずつタイニーハウスが広まり、1999年にアメリカの美術教師ジェイ・シェーファーが自身のタイニーハウスでの生活や考えを綴った「The Small House Book」が出版され、2000年には建築雑誌で賞を受賞、タイニーハウスは全米に広く知られることになりました。

その後、ハリケーンカトリーナによる自然災害やサブプライムローン問題によって、多くの人々が住まいを失います。
「本当に大きな家が必要なのだろうか」
「こんなにたくさんの物が必要なのだろうか」
大きな家、多くの物を持っている方がより幸せ、という概念を覆すことになったのです。

参照:https://scandhome.com/hokuou-life/ie-tinyhouse/

 

無印良品のタイニーハウス

数年前に無印良品が、「無印良品の小屋」というタイニーハウスの販売を始め、話題にもなりました。

めちゃめちゃシンプルですが、美しい。無印良品らしいタイニーハウスです。

「無印良品の小屋」のHPがめちゃめちゃお洒落です

 

宿泊できるタイニーハウス

今回、僕が宿泊したのは、オハイオ州の州都・コロンバスの「The Wayfaring Buckeye Hostel」というゲストハウスにあるタイニーハウスです。

閑静な住宅街にあるゲストハウスで、コロンバスの中心まで歩いていくことも可能です。

室内も綺麗で、セキュリティーも設備も完璧です。ゲストハウスなので、個室もドミトリーもあります。ドミトリーだと、1泊4000円ほど。

ゲストハウスの裏庭、駐車場の中に一軒だけ立っているのがタイニーハウス。収容人数は2人で1泊7500円なので、2人で泊まればドミトリーよりもお得です。

ちなみに、全ての宿泊客に朝食が付いています。

 

タイニーハウスの詳細

それではいよいよ、タイニーハウスの内部の紹介です!

内部はこんな感じ。二人が余裕で座れるソファーと、洗面台、収納、机、テレビ(NetFlix視聴可能)、冷房が備え付けられています。ちなみに、WiFiもサクサクです。

必要なものは全てあるといった感じ。トイレやシャワーはないので、ゲストハウスの設備を使うことになります。

水もちゃんと出ます。

気になる寝床は、屋根裏に。

天井は低いですが、寝るだけであれば問題なし。広さは、2人で寝ても悠々です。日差しが差し込む窓があるので、朝は気持ちよく起きることができました。

 

泊まってみた感想

泊まってみた感想としては、「旅中の宿としては最高!」です。

このタイニーハウスはトレーラーになっているので、車で牽引可能。キャンパー的な使い方ができるので、旅の宿としても使えます。

アメリカには大自然が多く、キャンプサイトも多いので、このサイズのタイニーハウスを牽引して旅に出るのは最高です。トイレやシャワーがないのが痛いですが。

一方で、これを家として捉えて、「住むとなると少し微妙」です。やはり、トイレとシャワーは欲しいですし、冷蔵庫等を置くスペースも欲しい。

あとは日本人なので、やっぱり床に座れるスタイルが良いですね。

ソファーいらないから、コタツをくれい

今後、他の記事で紹介しますが、今回のアメリカ縦断旅では、でっかい牽引型のキャンピングカーで2週間旅をしたため、このタイニーハウスが少し寂しく感じてしまっています。笑

だって、もうこれ家です。笑 冷蔵庫のサイズ、普通の家庭用やん。電子レンジもあるし。

普通に日本の家よりも広くて快適です。もちろん、トイレもシャワーもついているし、奥にはキングサイズのベッドルームもあります。

アメリカでは、こうしたキャンパーを持つことは、ごくごく普通で、このサイズでも100-300万円で買えちゃうんです。日本だったら、1000万って言われても不思議じゃない。

 

まとめ

ということで、アメリカのタイニーハウスについてでした!

タイニーハウスについて興味を持ってもらえましたでしょうか!

僕はどちらかというと荷物が多くなりがちなので、小さすぎるタイニーハウスは向いてないと思うのですが、もう少し大きめで、移動可能なキャンパーのようなタイニーハウスには結構興味があります。

WiFiだけ契約していれば、どこでも仕事ができるので、ノマドワーカーにとっては夢のような生活かもしれません。実際、日本でもそうした「バンライフ・ノマドワーカー」が増えています。

Youtubeで「バンライフ」と調べると、タイニーハウスやキャンピングカーで生活するYoutuber、ノマドワーカーがかなり沢山出てきます。見てみると、少しイメージがつくかも知れません。

次の記事では、コロンバスのオハイオ州立大学について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.