標高-250m!世界で最も低い町「ジェリコ」!イエスが悪魔と戦った誘惑の山も!

パレスチナ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、パレスチナのジェリコの歩き方について!

アルメニアジョージアトルコ、イスラエル周遊を終え、パレスチナにやってきました!

エルサレム観光後にベツレヘム、ヘブロンを周遊し、次はジェリコへ向かいます!

ジェリコといえば、聖書に出てくる「ジェリコの戦い」が起きた場所。また、世界最古の町。世界で最も低い場所にある町。イエスが修行をした町。

これだけの要素があるんです!ただ、観光客はほとんど訪れない。確かに、興味がなければスキップして良いかも、、それでも、聖書にも出てくるイエスが修行し、悪魔と戦った「誘惑の山」は必見です!

ということで、この記事ではジェリコについて紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

ジェリコとは

ジェリコはパレスチナ東部、死海の西側にある町で、世界で最も標高の低い町。その標高はなんと、マイナス250m。

海よりも250mも低いところにあるってこと。やばくない?

さらに、ジェリコは紀元前8000年頃には、人の住む集落が誕生しており、「世界最古の町」と呼ばれています。そのため、聖書でもよく出てくる。モーセの後継者であるヨシュアによる「ジェリコの戦い」が有名です。さらに、クレオパトラが所有していたことでも有名。

また、ジェリコはキリスト教の聖地でもある。聖書には、イエスが洞窟で修行を行い、その際に悪魔と戦ったストーリーがあるのですが、その「誘惑の山」がジェリコにあります。ジェリコで一番の観光スポット。

小さくて少し寂しい町なのですが、これだけの要素が詰まっている!

ジェリコへの行き方

ベツレヘムからジェリコへの行き方を、以下の記事で紹介しています。

以下、ジェリコの観光スポットと、その歩き方を紹介します!

 

誘惑の山

誘惑の山は、イエスが洞窟で修行をした際に、悪魔と戦い打ち勝ったという聖書のストーリーの場所。

40日間の断食修行をするイエスに、悪魔は「お前は神ならば、そこにある石をパンに変えて空腹を満たせ」と言います。そこでイエスは、「人はパンだけで生きるのではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と、言ったとされています。

誘惑の山へは、町から少しだけ歩き、坂道を登る必要があるのですが、市内からロープウェーで行くこともできる。

ロープウェーは、テル・アッスルターンの麓から出ています。

僕は徒歩で向かいました。ロープウェーを降りた場所からも、少しだけ階段を登ります。

誘惑の山への入場料は無料。中には修道院があります。

山を切り抜いて作った修道院。奥には、イエスが断食修行をした場所があって、入ることができます。写真撮影は禁止なので、写真はありません。

バルコニーのような場所から外に出ることができて、そこから誘惑の山に空いた穴を見ることができる。この穴は、ビザンツ帝国時代の修行僧が、イエスと同じように穴を掘って、その中で断食修行をした場所だそう。

 

ザアカイの木

ザアカイの木は、ジェリコの町中にある普通のイチジクの木。この木は、新約聖書で出てくる伝説の木。

ジェリコの税金取り立て人であったザアカイは、市民から法外な税金を取り立てる悪徳な人間でした。ジェリコにイエスが来た際、背の低いザアカイは、イエスを一目見ようと、この「ザアカイの木」に登る。

すると、イエスはザアカイに「降りて来なさい。今日はあなたの家に泊まりますよ」と、声をかける。

喜んでイエスと一夜を過ごしたザアカイは、財産よりも大事なものがあると知り、罪を悔い、財産の半分を貧しい人に譲ることをイエスに誓ったそう。

 

テル・アッスルターン

テル・アッスルターンは、「古代ジェリコ」とも呼ばれる世界最古の町の遺跡。

その歴史はなんと1万年!「中国四千年の歴史」などと言いますが、そのはるか六千年前からこの地には人が住んでいたんです。

遺跡の入場料は大人で10シェケル(310円)。結構安い。

ただ、遺跡は結構おざなりです。笑

全然整備されていないし、観光客も少ない。

説明も少ないですが、それぞれの時代の遺跡を見ることができる。

ジェリコは1万年前から人が住み始め、1000〜2000年おきに栄光と衰退を繰り返して来ました。そのため、異なる時代の遺跡が、ミルフィーユ状になって見ることができる。

観光客も少ないので、オススメスポットです。

 

まとめ

ということで、パレスチナのジェリコについてでした!

あまり人気の観光地ではないですが、そこそこ見所がある町、ジェリコ。時間のある人は訪れてみると良いと思います。

次の記事では、ジェリコからラマッラーへの移動方法について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!