【リオのカーニバル】参加して感じた事、オススメの席、注意点【2019年版】

ブラジル

Shozza
ハロー!リオ近郊のリゾート、Cabo Frioを満喫中のShozzaです!

今回の記事は、リオのカーニバルについて!

ブラジルのリオと言えば、もちろんカーニバル!世界中に祭りは数え切れない程あれど、こんなに有名な祭りはない。

それもそのはず。これは行ってみて、参加してみて初めてわかる。ハンパない。ただただ、ハンパない!!

南米を周遊する旅行者は、カーニバルの最中に南米にいたとしても、その立地の悪さ(ルートから外れてしまう)から、スキップする人が多いですが、本当に勿体無い!マジで行って後悔しない!

しかし、実際に参加してみて思ったのは、カーニバルを満喫するにはコツもいるなと!

ということで、この記事ではリオのカーニバルの注意点等について紹介します!

リオのカーニバルとは

リオのカーニバルは、キリスト教のお祭りで、クリスマスとイースターに並ぶ重要なイベントの一つ。

ブラジルでは、この時期になると各都市でカーニバルが開催され、町中で老若男女がひたすら踊り狂います。

ほとんどの町では、市民達がただただ皆で踊り続けるだけですが、サルバドールや、レシフェ、フォルタレザなどの大都市では、練習してきたサンバ隊が踊りを披露するパレードが行われます。

その中で、リオデジャネイロのカーニバルは言うまでもなく、レベルが違う!

 

オススメの日程や席、注意点について

上記の記事でお伝えしたように、僕はカーニバルに2日間参加してきました。その際の席選びは、基本的に正解だったと思います。

実際に参加してみて知ったこと、感じたこと、注意点等をまとめておきます。

 

最前列はオススメ!!サンバ隊と絡めて、楽しい!

やはり最前列は楽しい!遠くから見下ろすのとは、全く違う経験です!

 

スペシャルグループは本当にレベルが違う!

これは、本当に言うまでもありませんでした。

全然違う!赤ちゃんでもわかる!

サンバ隊の人数も、踊りの質も、お金の掛け方も全然、全然、全く違います!!

どちらかしか参加できないのであれば、確実にスペシャルグループを!

 

グランドスタンドでもかなり楽しい!早めに席確保を!

4日目のスペシャルグループでは、ボックスシートが高額であるため、泣く泣くグランドスタンドを選びましたが、これが全然楽しめる!

逆に、高い位置から見るため、山車の全景をしっかり見ることができて、これはこれで最前列では見れない楽しみ方だなと感じました。

グランドスタンドの場合、席は早い者勝ちになるため、開場(20時頃)と同時に会場入りして、席を確保することをオススメします

 

ボックスシートの場合は早く行かなくてOK

「言われんでもわかってるわ」と、ツッコミを受けそうですが、席が指定されているボックスシートの場合、早く行く必要は全くありません!

僕は友達にオススメされて開催の2時間前くらいに行きましたが、この有り様でした。笑

ちなみに、ボックスシートでも「完全席指定」ではなく、6人分の小さいセクションの中で、席は早い者勝ち。なので、多少早く行くメリットはあるにはあります。

 

ボックスシートはA〜Dに分かれていて、Aが最前列。A〜Dまでは、分かれていますが、近寄ることは可能。しかも、カーニバルが始まれば、CやDにいた人がAの近くまで来て、ドンチャン騒いでも全く問題ありませんでした。

僕もBだったのですが、Aと同列の最前列に屋根付きのスペースを見つけて、そこで観戦できました!

初日(Aグループ)では、CとDには一人も残っていない状態でしたが、4日目(スペシャルグループ)にスタンドの上から下を見ると、それぞれがちゃんとA〜Dに収まっているように見えました。

スペシャルグループでは、ちゃんと整備されるのかもしれません。それか、僕の時だけ例外であった可能性も。

 

優勝者による最後のChampion Paradeは微妙らしい!

4日間のパレードを終え優勝者が決定した後に、上位数チームによって行われる「Champion Parade」。

一見、これがもっともコスパ良さそうに聞こえますが、ブラジル人は口を揃えて、これには参加するなと言います。その理由は、もう順位が決まっているため、みんな適当になるんだとか。笑

なんなら、ブッチして来ない人も多いというから驚き。負けたチームじゃなくて、優勝チームなのにですよ?笑

 

カッパを忘れずに!

この時期のリオは頻繁にスコールが来ます!その際、雨具は必須!

そのため、会場の近くでもカッパを売っている人が沢山いて、みんな「カッパ〜カッパ〜」と叫んでいます。ちなみに、この時知りましたが、日本語のカッパ(合羽)は、ポルトガル語から来ているらしい。

 

夜のリオも、この時期はそんなに危険じゃない

世界でも数本の指に入る程、危険な町であるリオデジャネイロ。その中でも、特に危険とされるのが、セントロ地区。

そうです、カーニバルが行われるサンボードロモがある場所です

そんな場所に位置していて、しかも開催は真夜中とあって、会場に行くにはタクシー必須と言われています。

実際に僕は会場から徒歩で10分ほどの所に宿泊していて、最初はタクシーで向かいましたが、町の雰囲気を見て「大丈夫そうだな」と感じ、それ以降は行きも帰りも歩いて向かいました。

というのも、世界一の大カーニバル。世界中から観光客が何十万人も訪れるとあって、町中に警察官が沢山!そして、言うまでもなく、観光客もウジャウジャ!

人っ気のない場所を歩くのは絶対にNGですが、そんなに離れている訳ではなく、かつ人通りがある道であれば、気を付けながら歩くことは可能であると感じました。

もちろん、何が起きるかはわからないですし、タクシーも安いので、タクシーを使うことをオススメしますが。笑 あくまでも、僕はそこまで危険を感じなかったという話です。

 

宿泊先はセントロがオススメ!

上記の内容とも被りますが、宿泊先は危険であると言われているセントロがオススメです。

その理由は、やっぱり近い!

危険を回避する目的で、比較的安全なコパカバーナビーチに宿泊する人も多いですが、そこに帰るまで地下鉄で2〜30分。また、地下鉄駅まで、結局セントロを20分くらい歩きます。しかも、激混みです。

と言うことで、タクシーを使う人も多いですが、通常で片道30分近くかかり、カーニバル期間中は大渋滞が予想されます。しかも、値段も通常よりも高額に設定されています。

一方で、セントロに滞在していれば、会場からすぐに宿へ。

僕は会場を後にして、10分後にはベッドにいました。もちろんタクシーを使えば、3分。この距離なので、金額も400円程です。

 

「宿の確保は早めに」は半分本当で、半分嘘!

ゲストハウスのドミトリーであれば、通常1000円前後が相場のリオデジャネイロ。

しかし、カーニバル期間中の4日間はこれが5倍以上になります。クオリティーの低い普通の安宿が、平気で5000円くらいします。

それでもこの時期は、ブラジル中、世界中から観光客が殺到するため、そうした安宿であっても、すぐに予約が一杯になってしまいます。僕がカーニバルの1ヶ月前に予約サイトで見た時は、「既にリオの90%が予約済みです」と記載されていました。

ということで、僕も泣く泣く、高いですが一ヶ月前にホステルを予約。それも空いてる最後のベッド

しかし、実際にホステルで出会った人たちと話してみると、同じ部屋に僕よりも安く予約した人もいて、そういう人ほど直前に予約していました。

これがどういうことかと言えば、多分こういうことかと。

  • カーニバル2週間前までは、高めで販売(しかも、数日だけの予約は不可で、4日以上など)
  • ギリギリになると、余ったベッドを格安でバラ売り(数日間でもOK)

どこのホステルも同じとは言い切れませんが、似たような感じだと思います。実際に、1ヶ月前に僕が調べた時は、ほとんどのホステルが「最低滞在日数4〜5日以上」でしたが、実際には数日滞在の人も多かったので。

なので、宿泊費を安く抑えたい場合は、ギリギリ予約が良いのかもしれませんが、それはそれでリスクもありますし、不確実です。

ちなみにAirBnBは比較的安く宿を見つけることができました!しかも数人で止まる場合はかなりリーズナブル!

 

期間中に市内で行われるブロッコも楽しい!

メインイベントのパレードだけでなく、カーニバル期間中には、市内の至るところで「ブロッコ」と呼ばれるお祭りが開催されています!

みんな仮装していて、雰囲気は超盛り上がりのハロウィンのような感じ!これも最高に楽しい!

リオ全体が熱気に包まれます!

 

リオでオススメの安宿

カーニバル向けの宿

リオでオススメの宿は二つあります!ここではカーニバルへ行く方向けのオススメ宿を紹介します!それが、Hostel by Hotel Galicia!

オススメする理由は立地。カーニバルの開催場所まで徒歩で10分かかりません。夜は治安が気になるので、タクシー利用がオススメですが、その場合、数分で着きます。

カーニバルが終わった後も、メトロなどに乗らずに、すぐにベッドに辿り着くことできて最高でした。人気のコパカバーナ等の宿の場合、メトロに乗って、1時間近くもかかります。

この宿は、ホテルに併設されたドミトリーなので、入り口やロビーはかなり綺麗。しかし、ドミトリーは普通です。朝食が付いているとありましたが、それはホテルだけで、ドミトリーは有料です。

ちなみに、通常は1泊800円程ですが、カーニバル期間中はかなり高くなるので、事前予約が重要です。僕の時は、1泊4000円近くしました。

宿の詳細

  • 料金:☆☆☆☆☆
  • ロケーション:★★★★☆
  • 清潔さ:★★★☆☆
  • 雰囲気:★★★☆☆
  • シャワー:★★★★☆
  • WiFi:★★★★★

 

市内観光向けの宿

ここではコパカバーナ周辺にある市内観光向けの安宿を紹介します!会場から遠くなりますが、カーニバル期間中でも、宿自体はオススメです!

それが、Babilonia Rio Hostelです!

何よりもこのルーフトップ!リオの町が一望できます!

部屋もシャワーも清潔で、朝食も美味しい!WiFiも早いし、冷房も完備!しかし、一つだけ難点なのが、立地です。ルーフトップの写真から分かるように、この宿は丘の上にあります。

しかし、この丘の下にはバイクタクシーが常に待っていて、市民の足になっています。一見怖そうですが、使い出すとこれが便利。1回2リアル(60円)で宿まで行ってくれるので、このデメリットを僕は全く感じませんでした。

荷物が多い時はUberがオススメです!

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★☆☆☆
  • 清潔さ:★★★★★
  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★★★
  • WiFi:★★★★★

 

ブラジル観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、リオのカーニバルの感想や注意点についてでした!

世界一有名な祭りであるリオのカーニバル。せっかく来たのなら、この記事を参考に、大満喫してほしい!少しお金を出して、良い席で見るのもオススメです!

次は、リオデジャネイロの町の歩き方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.

著者オススメ!旅に役立つ情報

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード9選!

2019年5月17日

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日

 

宿泊予約:agoda、Booking.com

宿泊予約サイトは沢山ありますが、オススメはagodaとBooking.comの2強のみです。ホテルでは、Hotels.comもアリ。詳しくは以下記事で説明してます。

【旅人必見】オススメ宿予約サイト紹介!(2019年版)

2019年5月18日

 

格安航空券予約:スカイスキャナー

言わずと知れた航空券予約サイト、スカイスキャナー。やっぱり最強です。航空券予約はこれだけ使えば十分!

スカイスキャナーの使い方!裏技も!【航空券予約方法】

2019年4月29日

 

海外バス検索・予約:Rome2rio

Rome2rioは、バス版のスカイスキャナー的存在。こいつだけで、世界中のバスを検索可能です。

【超簡単】オススメの海外バス検索・予約方法!全部教えます!

2018年12月16日

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。

現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。

 

海外WiFi:グローバルWiFi

世界一周など、長期旅行では現地SIMの購入がオススメですが、短期旅行では海外WiFiのレンタルがオススメ!短期旅行で僕がいつも使うのは、グローバルWiFiです。

他の会社に比べて安いのと、一度使うと次回の割引が貰えるので、かなりお得になります。イモトのWiFiも人気ですが、僕は総合的に安いグローバルWiFiを使っています。



ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!