【リオ観光】町歩きに疲れたら明日の博物館がオススメ!

ブラジル

Shozza
ハロー!ついに、ペルーのクスコに到着しました!Shozzaです!

今回の記事は、リオのミュージアム、明日の博物館について!

ブラジルのリオと言えば、リオのカーニバル!2019年、僕も行くことができました!これがハンパない、、規模がおかしいです。笑

そしてもちろん、リオはカーニバルだけじゃない!他の見どころも多い!

リオには、美術館や博物館などが多いのですが、その中で一番楽しむことができたのが、「明日の博物館(Museu do Amanhã)」です。むしろ、これまで回った世界中のミュージアムの中でも、かなり印象に残ったオススメの場所です!

ということで、この記事では明日の博物館について紹介します!

リオデジャネイロとは

リオデジャネイロとは、言わずと知れたブラジルのメガシティ。人口600万人強を有し、サンパウロに次ぐブラジル第二の都市です。

山と海に囲まれた盆地の中に立ち並ぶビル群の景観は、世界でも無二。市内に位置する高台、コルコバードの丘の上に立つキリスト像は、リオデジャネイロを代表するシンボルになっています。

また、市内から地下鉄で数十分の距離に位置するコパカバーナビーチは、ブラジル有数の人気ビーチの一つ。大都会からすぐ近くに綺麗なビーチがあるという都市は、そんなに多くないかと思います。

さらに、市内には多数の博物館や美術館があり、町歩きも楽しい!

 

明日の博物館(Museu do Amanhã)とは

明日の博物館(Museu do Amanhã)は、リオデジャネイロのセントロ地区にあり、セントロから歩いて行くこともできる距離にあるミュージアムです。

2015年にオープンしたばかりで、ユニークな外観が特徴です。外観だけでなく内部の構造や展示もユニーク&オシャレ!

「明日の博物館」というネーミングで「え?本当に楽しいの?」と、思われそうですが、最高に面白いミュージアムでした

展示は「人類がこれからの50年、どうやって世界を作っていくのか」をテーマに、環境問題や、テクノロジーについてを、映像や写真をメインに使い、表現しています。

この映像がすごいんです!寝転がって、プラネタリウム状のスクリーンを見上げたり、面白い展示方法が沢山!

町歩きに疲れたら、ゆっくり座って映像を見ながら回ることができるので、オススメです!

 

「明日の博物館」の歩き方

館内に入り、まず目につくのが大きな地球儀。その下の受付で、パスポートを提示し、入館料20リアル(600円)を支払います。

その際に受け取るのが、この電子カード。

この中にはパスポートから読み取った国籍の情報が入力されていて、展示物の近くにある読み取り部にかざすと、展示の情報を母国語で見ることができるようになっています。

ここにかざします。しかし残念ながら、この日、日本語は不具合で上手く動かず、、

なんでやねん!

内部に入って最初に向かうのが、プラネタリウムのような半球状のスクリーンのある部屋。床にマットと枕が敷かれていて、そこに寝転がりながら、大スクリーンを使った映像を見ます。

これが本当に感動!

こういうスクリーンってプラネタリウムで見たことあるけど、プラネタリウムって基本、星や地球の静かな映像を見ますよね?ここでは、この巨大スクリーンを使って、地球の大自然や大都市の映像を爆音で見るので、迫力が半端ない!

本当にその場にいるように感じます!この映像だけで、来て良かったと思いました。

その他も展示方法が面白く、写真のようなボックスそれぞれにテーマが分かれていて、展示方法も異なります。

また、寝転がって見る展示も。これも大迫力でした。

所要時間は、パパパっと回れば30分ほどですが、ゆっくりと映像を見たり、展示を呼んだりしながら歩けば、1時間以上かかります。

また、隣接しているレストランやギフトショップも、オシャレで可愛いので、是非!

 

リオでオススメの安宿

リオでオススメの安宿が、Babilonia Rio Hostelです!

何よりもこのルーフトップ!リオの町が一望できます!

部屋もシャワーも清潔で、朝食も美味しい!WiFiも早いし、冷房も完備!しかし、一つだけ難点なのが、立地です。ルーフトップの写真から分かるように、この宿は丘の上にあります。

しかし、この丘の下にはバイクタクシーが常に待っていて、市民の足になっています。一見怖そうですが、使い出すとこれが便利。1回2リアル(60円)で宿まで行ってくれるので、このデメリットを僕は全く感じませんでした。

荷物が多い時はUberがオススメです!

宿の詳細

  • 料金:★★★★★
  • ロケーション:★★☆☆☆
  • 清潔さ:★★★★★

  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★★★
  • WiFi:★★★★★

 

ブラジル観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、リオの明日の博物館についてでした!

リオのセントロ付近にいて、町歩きに疲れた!という人にはオススメです。とにかく映像が美しいので、ゆっくりボーッと見て、疲れを取るのも最高です!

次は、リオ郊外のビーチリゾート、カボフリオについて紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.