マナウスのアマゾンツアー!野生動物には出会えなかったけど、楽しい!

ブラジル

Shozza
ハロー!リオのカーニバルを満喫中のShozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ブラジル・マナウスのアマゾンツアーについて!

世界中の誰もが知る母なる大河、アマゾン川。死ぬまでに行ってみたい夢の場所の一つでしたが、ベレンから飛行機を乗り継ぎ、ついに行くことができました!

アマゾン川の観光は、数日間のツアーに参加するのが一般的。

マナウスから遠く離れたアマゾンのジャングルの中へ行き、ロッジや、先住民の家に泊まったり、またはジャングル内でキャンプしたりして、アマゾンを満喫することができます。

そして、マナウスにはこうした内容を扱ったツアー会社が沢山あります!普通はこの中から一つを選ぶと思うのですが、僕は2つのツアー会社のツアーに参加しました。

その理由は、一つ目の会社「Brazil Backpackers」のツアーが微妙で、満足することができなかったためです

ツアーから帰ってきて調べてみると、海外サイトでのクチコミが極端に低く、日本人だけでなく、世界中の人からクレームが沢山、、

クチコミを確認しなかった僕がバカでした。

しかし、満足はできなかったとは言え、初めてのアマゾン。初めて知る事も多く、楽しむことはできました。

ということで、この記事では評判の悪いBrazil Backpackersのアマゾンツアーについて紹介します!

アマゾンツアーとは

アマゾン川のツアーは、大きく分けて2つあります。

  1. マナウス近くの見どころを周る日帰りツアー
  2. アマゾンの奥地に行き、動植物に触れ合う1泊以上のツアー

ピンクイルカなどと触れ合える日帰りツアーもオススメですが、この記事では2番のアマゾンツアーについて紹介します。

アマゾンツアーは、マナウスから離れて、アマゾンの奥地へ向かいます。

どのツアー会社も、独占した領域を持っているようで、「この一帯は、このツアー会社のもの」と言う風になっているよう。その一帯の中に、ロッジなどの宿泊施設や、ジャングルなどを有しています。

このツアーの中では、以下の野生動物を見ることができます。

  • オウムや、トゥッカーノなどのアマゾンの鳥
  • ワニ
  • カイマン(小さいワニ)
  • アナコンダ
  • タランチュラ
  • ナマケモノ
  • カピバラ

もちろん、どれも出会える確証はなく運次第ですが、結構な確率で出会えるそうです。しかし、それはツアー会社に寄るところも大きい。

僕はBrazil Backpackersでは上記のほとんどを見ることが出来ませんでした。一方で、別のツアー会社のツアーでは、沢山の野生動物に遭遇!

僕は4泊5日のツアーを予約していましたが、2泊3日で切り上げて、マナウスに戻りました。以下、その3日間のツアー内容について紹介します!

 

1日目

ロッジへの道のり

朝8時にホステルに迎えが来て、ツアーオフィスへ。他のツアー参加者をピックアップして、いよいよアマゾンに向かいます!

最初に向かうはフェリー乗り場。

ここからアマゾン川を渡り、対岸に渡ります。所要は30分程。

対岸についた後は、バンに乗り込み、アマゾンの奥地へ。45分程の道のり

アマゾンへ向かう途中も、巨大なアマゾンリリーを見たり、

自生するアロエを見つけて、説明してくれたり。

アロエは日焼け止めや、アフターケアに使えます。

こうした説明は沢山あるので、「へえ〜」っと、初めて知ることや、感動することは沢山あります

ようやく、ボート乗り場に到着。

ここから次はボートに乗り込み、ロッジを目指します。所要は1時間。

ホステルを出発してから、バン、フェリー、バン、ボートを乗り継ぎ、3時間かけて、ようやくロッジが見えてきました。

こちらがロッジ。僕はドミトリーだと思っていたのですが、一人一人に個室が与えられました。

個室内も綺麗で、ベッドが3つ。一人には広すぎるくらいです。もちろん、トイレもシャワーも、冷房も完備。

さらにはプールまで!

ツアー内容には満足できませんでしたが、ロッジ自体は最高でした!

 

午後の部:ピラニア釣りへ

初日の午後はピラニア釣りへ!

ピラニアと言えば、言わずと知れた肉食魚。餌は虫ではなく、鶏肉です。

ツアーは1日に2回。午前の3時間と、午後の4時間。それ以外の時間は自由時間になります。これはどこのツアー会社も同様のようです。

ピラニア釣りはとてもユニーク。

餌に鶏肉を使って、釣り竿で、水面をバシャバシャします。誤って、川に落ちた鳥を再現しているんだとか。

結構簡単に釣れて、大量でした。これがこの日の夕食になります。

ちなみにピラニアを釣った後は、注意も必要。写真のワイルドなフィンランド人は、ガイドの言う事を無視して、自分でできると、処理しようとした結果、

まんまと指を噛まれ、出血。写真のように、痕が残りました。

ワイルディーな彼女は、この血でピラニアを呼べると、川に血をまいてました。笑

 

2日目

2日目は、アマゾンジャングルのトレッキングと、ジャングルでのキャンプ泊の2つ。

 

午前の部:ジャングルトレッキング

午前はジャングルにトレッキングに行きます。

運が良ければ、野生動物にも会えますが、メインはアマゾンの植物や昆虫について。

種々の病気に効く植物や、食べれる植物、食べれない植物、ゴムの原料や防虫剤の原料になる木々や、虫などを説明してもらえます。

 

巨大なアリ塚。

ゴムの木。

これを採取して、火にかければ、あっという間にゴムになります。

ブラジルナッツも沢山。ガイドが実を取り出してくれます。

これが美味!

また、天然の防虫剤も。大量のアリを手に乗っけて、手の上で潰します。匂いは完全に防虫剤!

ジャングルで採取した植物を使って、織物や、お土産などの作り方も教えてもらえます。

 

午後の部:ジャングルキャンプ

午後はキャンプの準備です。

正直、これは少し物足りなかった。

ジャングルでのキャンプ泊は魅力的で、楽しみにしていたことの一つでした。しかし、それはあくまでも夜だけの話。

1日に2回しかない午前と午後の部の、午後の部の丸々を使って、テントの設営や、焚き火に使う木々の準備、夕食の準備をするのはどうかと。

正直、その辺は準備しておいて欲しかったし、アマゾンでやらなければいけないことではありませんでした。どこでもできます。

寝床は、ブルーシートの屋根に、ハンモックと蚊帳と言う簡素なもの。

しかし、雨が降っても割と快適で、気持ちは最高でした!

みんなで火を起こして、夕食の準備。なんだかんだ言っても、キャンプは楽しいです。

夕食は普通に絶品で、大量の動物の鳴き声に包まれたキャンプは、かなり楽しめました。しかも、夜のジャングルには沢山のホタルがいて、それだけでなく光るキノコも!!びっくり!

 

3日目

この日は、結果的に最終日。午前の部のジャングルカヌーに参加し、その後、マナウスに戻ります。

 

午前の部:ジャングルカヌー

メインイベントの一つ、ジャングルカヌー。

アマゾンのジャングルの中を、カヌーでゆっくり周り、動物たちを探します。

僕にとって、これがメインイベントで、かつ最後の頼みの綱でした

ジャングルに行く途中、大量の鳥の巣を発見。

この鳥の鳴き声が多種多様で、まるでオーケストラ!ぜひ、動画で!

そして、カヌーはジャングルの中へ。

 

残念ながら、期待していた野生動物には、ほとんど遭遇できませんでしたが、「これぞアマゾン!」と言うのを、体で感じることができました。

 

マナウスでオススメの宿

マナウスでオススメの宿は、Hostel Manausです。

物価の高いマナウスでは、少し高めですが、とても快適に滞在することができました。

 

立地もよく、部屋も綺麗で、朝食も美味しかったです。少し高いのが難点。1泊1300円程。

宿の詳細

  • 料金:★★☆☆☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★★☆

  • 雰囲気:★★★★☆
  • シャワー:★★★★☆
  • WiFi:★★★★★

 

ブラジル観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、Brazil Backpackersでのアマゾンツアーについてでした!

期待していた野生動物に出会えず、かつガイドのクオリティから、最終的に満足することはできませんでしたが、そこそこ楽しめたと言う気持ちは理解頂けるかと思います。

しかし、やっぱり、ナマケモノとか!ワニとか!アナコンダとか!タランチュラとか!見たいですよね、、ツアー会社選びは慎重に!

次は、ナマケモノにも大量遭遇!別の会社でのアマゾンツアーの内容について紹介します!こっちがオススメです!

See you!

Always think easy, go easy.