【ビザについて】ニュージーランドワーホリの始め方【2018年版】

ワーホリ

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、ニュージーランドのワーホリビザについて!

僕は、2017年12月〜2018年10月まで、ニュージーランドでワーホリをしていました!ニュージーでのワーホリに必要なものはワーホリビザだけ!しかもこれが日本人なら無料です!

出発の数ヶ月前からビザの申請、健康診断、ビザの承認と、手続きを進めていました。基本的にはとてもシンプルで、簡単です。

ということで、この記事では、ニュージーランドのワーホリビザについて紹介します!

ニュージーランドとは

ニュージーランドは、南太平洋のポリネシアに位置する島国。カナダやオーストラリアなどと同様、イギリス連邦の加盟国家で、国家元首はエリザベス女王。

人間よりも羊の方が多いというファーム大国であり、広大な大自然と絶景が目白押し。

そんな大自然を堪能するため、ファームジョブを経験するために、世界中からの来訪者を呼びこむワーホリ大国でもあります。

ニュージーランドでのワーホリは、日本人にも大人気。その理由は、ビザの取得しやすさ。ニュージーランドのワーホリビザには発行限度がなく、条件を満たしてさえいれば誰でも取得可能です。

 

ニュージーランドのワーホリビザ

ニュージーランドのワーホリビザは、18歳以上、31歳未満の日本国籍を持つ、心身ともに健康である方が対象です。

ビザの期間は12ヶ月(条件を満たせば、3ヶ月の延長可能)で、ビザの有効期間内であれば、何度でもニュージーランドの出入国が可能です。

また、入国の際に、帰国用航空券の取得は求められません(帰国する意思、そのための費用の所持は必要)。

以下、申請条件について、詳しく記載します

 

申請条件

国籍、年齢

  • 18歳以上31歳未満
  • 日本国籍を持つ独身者、子供同伴なしの既婚者

よって、30歳の10ヶ月がデッドラインになります。30歳になってもまだギリギリ申請可能なので、諦めないでください!

 

パスポート

ニュージーランド入国時にパスポートの有効期限が15ヶ月以上残っていること。

 

滞在資金

  • 最低生活費:4200ドル(約32万円)
  • 日本帰国用の航空券もしくは、その相当額1000ドル(約7.5万円)

滞在資金の条件として、申請時に上記の金額を所持している必要があります。

 

健康状態

心身共に健康であることが条件であり、ビザの申請時に健康診断を受ける必要があります。(後述)

 

ビザ申請料金

日本国籍の方は無料です。しかし、ニュージーランドで申請する場合は有料で、245ドルかかります。

 

ビザ取得後の入国期限と滞在期間

訪問期限

ビザ取得後、ニュージーランドには1年以内に入国する必要があります。他の国であれば、この期限が半年であったりもするので、かなり良心的。時間に余裕を持って、申請しましょう。

 

滞在期間

滞在期間は、ニュージーランド入国から12ヶ月間です。

滞在中に農業関係の仕事に3ヶ月従事すると、3ヶ月の延長申請が可能になります。つまり、最大で15ヶ月。

 

ワーホリビザ申請方法

ニュージーランドワーホリビザの申請は、以下の3ステップで行われます。

  1. ニュージーランド移民局にユーザー登録
  2. オンライン申請
  3. 指定医師による健康診断受診

申請方法については、以下の記事がとても参考になるので、そちらを見て頂けると、わかりやすいと思います。

 

ニュージーランド観光に役立つ本

 

まとめ

ということで、ニュージーランドのワーホリビザについてでした!

ビザ発給枚数も無制限かつ、申請料も無料!時間に余裕を持って申請しましょう!

See you!

Always think easy, go easy.