【チリ観光】アートに溢れた美しい街、バルパライソの歩き方!

チリ

Shozza
ハロー!チリの首都サンティアゴに滞在中のShozzaです!

今回の記事は、太平洋沿いの街、バルパライソについて!

サンティアゴから南米旅が始まり、2都市目に選んだ「バルパライソ」という街。この街が最高すぎて、現地で住み込みの仕事を探し、1ヶ月以上も滞在してしまいました。

何が良いって、この街、ストリートアートと音楽に溢れているんです!チリで2番目に大きい都市でありながら、かなりのヒッピー臭。夜の街歩きも気をつけてさえいれば、楽しめます。

ということで、この記事ではバルパライソの歩き方について紹介します!

バルパライソという街

バルパライソ(Valparaíso)はチリ中部にあり、首都サンティアゴから西へ約120kmの太平洋沿いに位置する都市。サンティアゴに次ぐ、チリで二番目に大きい大都市で、チリの立法府である国会は、この街にあります。

太平洋での玄関口としての役割を担うこの街の歴史は古く、港湾都市として栄えました。現在でもチリにおける主要な港町として機能し、大量の貨物が輸送されています。

また、この街のもう一つの興味深い顔が、アートに溢れた街であるということ。

町中の至る所、いや「至る所」では説明不足であるのではないか、という程のストリートアートに溢れています。絵が描かれていない建物がないと言って良いかと思います。(多分、本当にない。笑)

これらの点から、2003年に「バルパライソの海港都市とその歴史的な町並み」として世界遺産にも登録されています。

 

バルパライソのストリートアート

ストリートアートといえば、世界中の街のどこにでもある、特に珍しいものではありません。

しかし、このバルパライソでは何が特別かというと、その密度、クオリティの高さ、そして歴史的建造物でも御構い無しに描いていしまっている点、そしてそれが見事にマッチしてしまっている点ではないかと感じました。

特に声を大きくして言いたいのが、クオリティが本当に高い!ちょっとした落書きはほぼありません。街全体が美術館であると言っても過言ではない。しかしながら、根本概念はストリートアート。お堅いルールがある訳ではないので、絵のタッチも、ジャンルも、色合いも様々。

もちろん屋内ではないので、雨も降ります。絵が汚くなったら、風化したら、また別の作品を描けばいい。次にこの街を訪れた時には、もうこの絵はないかもしれない。そんな「一期一会的なアートの捉え方」も新しくて、楽しい。

僕はそんな雰囲気に完全に飲まれ、暇さえあれば、自分好みの新しい作品を探しに街中に繰り出していました。1ヶ月あっても半分も見切れていません。それほど広い範囲に、この「青空」美術館は広がっているんです。

百聞は一見に如かず。まずはアート作品の数々を見て下さい。

       

 

ストリートアートの多い理由

なぜバルパライソにはストリートアートが多いのか。

その理由は、街を形成する際に、家の壁にトタンを用いたことによると言われています。無機質なトタンが嫌で、家の壁を自分達で塗り始めたことに由来するそう。

そうした理由から、ストリートアートだけでなく、街全体がカラフルで美しい一つのアートとなっています。

また、中心街のカフェやゲストハウスなどの壁に描かれるストリートアートは、アーティストに依頼して描いてもらうことがほとんどのようです。

街に描かれているストリートアートには、絵の端っこにインスタグラムのアカウントや、連絡先が書いてあることがあり、気に入った絵があれば、連絡して自分の建物に書いてもらうそうです。面白い!

上記の写真、ビル一棟丸ごとに絵が描かれた建物は、僕が1ヶ月間、住み込みで仕事をしていたゲストハウスで、この絵は5日(たった!)で描いてもらい、20万円程(安!)だったそうです。

ゲストハウス内部も至る所にアートがあって、オシャレで快適なゲストハウスでした

街には、もはや「ストリートアート」とは決して言えないような、壮大なアートも沢山あります。笑

 

バルパライソの歩き方

バルパライソはそこそこ大きい街で、上記写真の全てを歩こうとしたら、数日はかかります。写真の下側、薄いオレンジの部分が平地で、繁華街。上部の濃いオレンジの部分は丘になっていて、そこにストリートアートが溢れています。

繁華街にもストリートアートは沢山あります!

あまり時間がないよ!という人には「コンセプション」と呼ばれるエリアがオススメです。(以下写真)

コンセプションは上記写真のグリーンで囲まれた部分で、オシャレなカフェや雑貨屋さん、そしてハイクオリティのストリートアートで溢れています。

アートを見ながら丘を登ったり、降りたり。疲れたらカフェでゆっくりしたり、点在する美術館やお土産屋を見て歩いたり。

流石はアートの街。お土産のクオリティも高くて、可愛い雑貨が沢山あります

 

丘の上り下りには、アセンソールを利用しよう!

丘の多いバルパライソには、アセンソールと呼ばれる重力を利用したケーブルカーがあります。距離こそ短いものの、一回100ペソ(16円)と激安。市民の足です。

徒歩で上るのも大変ではないですが、アセンソールからの景色も綺麗なのでオススメです。

アセンソールは市内に点在しており、上記写真の赤いマークの部分にあります。

丘の上からは、バルパライソの街並みや、奥に隣町のビーニャ・デル・マールや、海沿に面した砂丘を有するコンコンなどが一望できます。

 

治安が悪い?気をつければ問題なし!

実はこのバルパライソという街、日本人のブログ等では、チリで一番治安の悪い街と呼ばれています。

スリや強盗が多く、夜は暗くなったら外に出てはいけないという記事をよく見ました。そのためか、1ヶ月の滞在で1人も日本人を見ることがなかった。

が、しかし!

1ヶ月滞在してみましたが、危険を感じることはこれっぽっちもなかった。夜であっても。なんなら、深夜まで街で飲んで騒いで、朝帰りなんてこともしょっちゅう。すごい、居心地の良い街でした。

ただし、スリや強盗がいないわけではありません。

もちろんいます。確かにチリの中では、多いのかもしれません。しかし、気をつけてさえいれば全く問題ないという話です。

高価なカメラを手に持って歩いたり、携帯やカバンをその辺に置いたり。そんなことをしてれば、盗む気のなかった人でも盗みます。それはバルパライソに限らず、チリ、南米、世界中どこでも共通です。バルパライソ出身の友達は、チリ人であっても不注意を働けば盗られると言って、泥酔しても常に注意をしていました。

日本人は良い意味でも悪い意味でも平和ボケしているせいで、そうした注意を怠りがち。それが理由で盗難もされやすい。よく聞く「日本人はカモにされやすい」は、「日本人は(自ら)カモになりやすい」だけ。

そんな人が書いた不満ブログが横行して、こんなに美しい街がスキップされてしまうのは本当に悲しい。

 

隣町も見どころ満載!

魅力満点のバルパライソですが、電車やバスで簡単にアクセス可能な隣町、ビーニャ・デル・マールや、コンコン砂丘もオススメです!

 

ビーニャ・デル・マール

ビーニャ・デル・マールは、バルパライソからバスか地下鉄で30分ほどのところにある、ビーチリゾートです。日光浴には最高です。

 

コンコン砂丘

コンコン砂丘はバルパライソからバスで1時間、またはビーニャから30分ほどのところにあるビーチ沿いの砂丘です。砂丘と高層ビルのコラボが新鮮で面白い。

 

バルパライソでオススメの安宿

バルパライソでオススメの安宿は、言うまでもなく、僕が働いていたHostal Poです。

言わせないでくださいよ〜。(←うざいのお)

「働いていたから」というわけではなく、純粋に超オススメです。立地も良くて、値段も相応。室内は全て清潔で、オシャレです。朝食も付いてます。

特にルーフからの景色が最高。バルパライソは、ほぼ毎日晴天なので、日光浴が気持ち良い!1泊1000円程です。

宿の詳細

  • 料金:★★★★☆
  • ロケーション:★★★★★
  • 清潔さ:★★★★★
  • 雰囲気:★★★★★
  • シャワー:★★★★★
  • WiFi:★★★★★

 

チリ観光に役立つ本

「古代文明〜スペイン統治〜現代」までの中南米の歴史がわかりやすく書かれていて、小説感覚で読めます。

これを読んでおくだけで、町歩きが数倍楽しくなる。Kindleもあるので、南米周遊前、周遊中に読んでおきたい一冊です!

 

まとめ

ということで、アートの溢れる美しい街、チリのバルパライソの歩き方についてでした!

3泊程度のつもりで訪れたこの街に、予想外にも魅了され、沈没してしまいました。少なくとも日帰り、1〜2日では勿体無い!ゆっくりと、アートと街の雰囲気を味わってもらいたい。

また、バルパライソだけでなく、隣町のビーニャ・デル・マールや、砂丘で有名なコンコンもオススメです!

See you!

Always think easy, go easy.

著者オススメ!旅に役立つ情報

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード9選!

2019年5月17日

 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日

 

宿泊予約:agoda、Booking.com

宿泊予約サイトは沢山ありますが、オススメはagodaとBooking.comの2強のみです。ホテルでは、Hotels.comもアリ。詳しくは以下記事で説明してます。

【旅人必見】オススメ宿予約サイト紹介!(2019年版)

2019年7月19日

 

格安航空券予約:スカイスキャナー

言わずと知れた航空券予約サイト、スカイスキャナー。やっぱり最強です。航空券予約はこれだけ使えば十分!

スカイスキャナーの使い方!裏技も!【航空券予約方法】

2019年4月29日

 

海外バス検索・予約:Rome2rio

Rome2rioは、バス版のスカイスキャナー的存在。こいつだけで、世界中のバスを検索可能です。

【超簡単】オススメの海外バス検索・予約方法!全部教えます!

2018年12月16日

 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。

現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。

 

海外WiFi:グローバルWiFi

世界一周など、長期旅行では現地SIMの購入がオススメですが、短期旅行では海外WiFiのレンタルがオススメ!短期旅行で僕がいつも使うのは、グローバルWiFiです。

他の会社に比べて安いのと、一度使うと次回の割引が貰えるので、かなりお得になります。イモトのWiFiも人気ですが、僕は総合的に安いグローバルWiFiを使っています。



ShozzaTripをフォローしよう!

メールアドレスを記入してフォローボタンをクリックすれば、更新をメールでお知らせします!
Instagramのフォローも待ってます!