イスラエルからヨルダンへ抜ける方法!ビザいる?注意点も!【2020年最新版】

イスラエル

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、イスラエルからヨルダンへの移動方法について!

念願のイスラエル&パレスチナ周遊。

テルアビブエルサレム観光後にベツレヘムヘブロンジェリコラマッラーを周遊し、エルサレムへ戻って来ました。

エルサレムの後は、ヨルダンへ抜けるか、ヨルダンを諦めてエジプトに抜けるか悩みに悩みます。

結果、エジプトに抜けることに決めるのですが、エジプト行きのバスの中で、ヨルダンのペトラに行く日本人と意気投合し、結局そのままペトラに行くことに。笑

旅の醍醐味ですね〜笑。

ヨルダンに行くことを渋った理由が、イスラエルからヨルダンに抜ける際のめんどくささ。いや、そんなにめんどくさくはないのですが、少しややこしい。そして、高い出国税がかかること。

また、ヨルダンからエジプトのダハブに抜ける場合のルートのめんどくささなども相まって、やめることにしました(結局行くんですが)。

ということで、この記事ではイスラエルからヨルダンへ抜ける方法と注意点について紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

イスラエルからヨルダン

イスラエルとヨルダンは隣接しており、イスラエルの観光地エルサレムから、ヨルダンの首都アンマンまでは、直線距離で100kmほど。かなり近いんです。

よって、この二都市間を移動して両国を周遊する旅人も多い。

ただし、ここには注意点が
イスラエルとヨルダンのビザ事情(2020年時点)

【イスラエル】

  • ビザ必要なし(スタンプも押されない)
  • 出国税あり(30USD程)

【ヨルダン】

  • 事前ビザ申請必要なし(無料でアライバルビザを貰える)
  • 出国税なし

本来、ヨルダンに入る場合、日本人であればビザが必要ないのですが、イスラエルからヨルダンに抜ける場合「キングフセイン橋」を通ると、ビザが必要になります。

また、勘違いしがちなのですが、「ヨルダンはビザがいらない」のではなく、あくまでも「無料でアライバルビザが取れる」という認識です。

この辺り、以下で詳しく説明していきます。

 

イスラエルからヨルダンに抜ける方法(3つの国境)

イスラエルとヨルダンの間には、3つの国境があります。

  1. キング・フセイン橋
  2. シェイフ・フセイン橋
  3. エイラット/アカバ間
国境ごとに解説します。

 

キング・フセイン橋

キング・フセイン橋は、エルサレムの東側、アンマンとの間くらいにある国境。地図から分かるように、最短距離で二カ国を移動できます。

しかし、キング・フセイン橋を通る場合、問題が2つあります
  • 事前のビザ申請が必要(有料)
  • イスラエルの出国税が高い

 

事前のビザ申請が必要(有料)

上述のように、通常のヨルダン入国には、日本人は事前のビザ申請が必要ありません。しかし、キング・フセイン橋を通る場合のみ、事前にヨルダンのビザが必要になるんです!

キング・フセイン橋は、ヨルダンが「自国の領土」と主張・認識しているため、ここでアライバルビザを発行してくれないという訳です。

「どうしてもキング・フセイン橋を通りたい!」という場合は、事前にビザを取っておけば問題ない。方法は以下。

  • 日本で取る
  • テル・アビブで取る
  • ラマッラー(パレスチナ)で取る

ヨルダンのビザを事前に取るには、上の3つが主流かと思います。

覚えておくべきは、上のどこで取っても、ビザの申請料がかかります。詳細はわかりませんが、イスラエルで取ると、そこそこ高いようです。

一方で、キング・フセイン橋以外の国境の場合は、ビザ代は無料です。

 

イスラエルの出国税が高い

また、もうひとつ。キング・フセイン橋の場合、イスラエルに払う出国税が高いんです。

僕が国境越えをした「エイラット/アカバ」の国境では、出国税が107シェケル(3350円)なのに対し、キング・フセイン橋の国境では、172シェケル(5380円)するようです。

これは結構痛いですよね。ちなみに、シェイフ・フセイン橋は、エイラット/アカバの国境と同額のようです。

 

ヨルダン→イスラエル→ヨルダンの場合は、事前ビザ申請はいらない

一方で、ヨルダンからイスラエルに入国し、またヨルダンに戻る場合は、キング・フセイン橋を通っても、事前ビザ申請は必要ありません。出国税の高さは変わりませんが。

 

シェイフ・フセイン橋

次の国境は、シェイフ・フセイン橋。

ここは、北部イスラエルに位置し、エルサレムやテルアビブからアンマンに行くには、北に迂回することになってしまいます。

その代わり、事前ビザ申請が必要なく、さらに出国税も安い(107シェケル)です。

イスラエルを周遊する旅行者は、北イスラエルをあまり周りませんが、北にはハイファなどのリゾートや、ナザレやティべリアなどの観光地が沢山あります。

僕も最初は、カイサリア、ハイファを周遊後、ナザレに数泊し、ティべリアの聖地を周った後、シェイフ・フセイン橋からヨルダンに抜けようと考えていました。

時間があるのであれば、これが一番リーズナブルで楽しく、観光しながらアンマンに抜ける良い方法かと思います。

 

エイラット/アカバ間

最後は、エイラット(イスラエル)/アカバ(ヨルダン)間の国境。 

最終的に僕が超えることになった国境です

本当は、上述の「シェイフ・フセイン橋」でアンマンに抜けるつもりが、ヨルダン熱が冷めた&エジプトのダハブで早く癒されたくなり、ヨルダンをスキップして、そのままエジプトへ向かうことに。

そのバスの中で、ペトラ遺跡に行く日本人と意気投合し、そのまま気付いたら一緒にこの国境でヨルダンin。何しとんねん。笑

この国境もかなりの迂回ルートになってしまう。しかし、シェイフ・フセイン橋と同様に、事前ビザ申請が必要なく、さらに出国税も安い(107シェケル)というメリットがあります。

ヨルダンに入ってアンマンに行くのであれば、結構な迂回ルートになってしまいますが、ペトラ遺跡に行くだけであれば、そこまで大回りにはなりません。ペトラ遺跡は、比較的南側にあるので。

 

実際に僕が移動したルート

実際に僕が移動したルートはこんな感じ。

エルサレムから「エイラット/アカバ間」の国境を通って、ヨルダンin。その日の内にペトラ遺跡まで移動。

翌日は終日ペトラ遺跡を観光。次の日には、再び「エイラット/アカバ間」からイスラエルに入国し、そのままエジプトのダハブへ。ダハブには夕方頃に着きました。

ペトラ遺跡からダハブへは、アカバからエジプトのヌエバまで出ているフェリーが人気ですが、フェリー料金が高い(イスラエルの出国税を払った方が安い)時間がかかるフェリーターミナルで一夜を明かさなくてはいけないエジプトのビザは2020年現在オンラインで取れる、などの理由から、イスラエル経由の陸路を選択しました。

実際の移動の様子は以下の記事を!

 

イスラエルと対立する国(イランやスーダンなど)に行く場合の注意点

イランや、スーダンなど、イスラエルと対立する国に行く予定がある場合は、さらにもう少し複雑です。というのも、こうした国々は、イスラエルに入国した形跡があると、入国を拒否する場合があるからです。

そのため、イスラエルではパスポートにスタンプを押さずに、別紙にスタンプを押す政策を取っている(観光客を呼び込むため)のですが、陸路でイスラエルから隣国に移動した場合、イスラエルのスタンプはなくても、その国境で、ヨルダンやエジプトのスタンプが押されてしまう。

これが、イスラエル入国の証拠になってしまうんです。

イランの場合、「そこまで見ない」とか「大丈夫だった」とかいう話をよく聞きますが、スーダンの場合は厳しい。エジプトとイスラエルの国境のターバ(エジプト側)のスタンプが押されていると、入国ができません。

イランも、もちろん運が悪く、そこまで見られてしまうとアウトになる可能性もあります。

100%の保障が必要であるなら、高くついても、飛行機で移動することをオススメします

僕の友人は「テルアビブ→キプロス→アンマン」と飛行機で移動していました。これが各フライト3000円ほどと安い。しかも、フライトの場合、イスラエルの出国税がかかりません(フライト代に含まれる)。

 

まとめ

ということで、イスラエルからヨルダンへの国境越えについてでした!

イスラエルを旅する旅行者の多くがヨルダンに行くかと思います。たかが隣国ですが、中東は複雑な情勢が絡み合って、移動が楽ではない。

しっかりと下調べをしておかないと、行ってから地獄を見るなんてことも多いです。時間とお財布と相談し、最適のルートを選択しましょう!

次の記事では、エルサレムからペトラ遺跡への移動方法について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!

 

2年半の集大成!世界周遊まとめ動画(完成版)が公開!

かなりの長作となり、時間がかかっていたのですが、ようやく完成版が公開できました!かなり見応えのある動画になっているので、楽しんでもらえると嬉しいです!

 

旅に役立つ情報

世界一周前に揃えたい旅の便利グッツ

旅の準備で一番重要なこと。それは荷物の準備。最近では、旅の便利グッツが毎日のように進化を遂げていて「こんな便利なものがあるの!」という驚きの連続。便利グッツが一つあるだけで、旅の快適さが全く違ってきます。

絶対買うべき!便利なトラベル用品ベスト5(+α)を紹介!【世界一周準備】

2020年4月12日
 

旅中にブログを書いて生活する

長期の旅となると、空いた時間も多い。そんな時間で気分転換&頭の整理にブログを書いて、それで他の旅人の役に立ち、かつ旅資金も得られる。こんなにWin-Winなことはないです。

【フリーランス】旅をしながら働ける!?ノマドワークって何?その種類は豊富!

2019年6月13日
 

海外旅行に便利なクレジットカード

海外旅行では、クレジットカードは必須。特にキャッシングと海外旅行保険対策にクレジットカードは欠かせません。上手に使いこなすと、かなりお得に旅ができますよ。

【2019年版】海外旅行に持っていくべきクレジットカード6選!

2019年5月17日
 

海外旅行保険:クレジットカード付帯保険でお得に

海外旅行保険は絶対に削ってはいけません。何かあった時に、本当に地獄を見ます。年会費無料のクレジットカードだけでも、有料の保険と遜色ないくらい補償も充実しているので、オススメです。

海外旅行保険なし!クレジットカードの付帯保険で賄う方法!

2019年5月16日
 

現地での日本語ガイドツアー申し込み :タビナカ

旅をしていると、たまに「日本語ガイド」の必要性を感じることがあります。特に、遺跡や秘境を歩く時には日本語のガイドを付けてみると、満足度が全然違います。 現地で「やっぱり日本語ガイドをつけたい!」と思った時に使いやすいのが、【タビナカ】です。