エルサレムは安息日(シャバッド)に訪れるべき!嘆きの壁は圧巻!【2019年版】

イスラエル

Shozza
ハロー!Shozza(@shozzatrip)です!

今回の記事は、エルサレムの安息日(シャバッド)と、嘆きの壁について!

アルメニアジョージアトルコ周遊を終え、イスラエル周遊中。

イスラエルと言えば、エルサレム。歴史、都市伝説好きの僕にとって、絶対に訪れてみたかった場所。

しかし、イスラエル滞在で注意しなくてはいけない事があります。それが「シャバッド(安息日)」。

一週間に一度、この期間には、イスラエル全土のほとんどの公共機関、レストラン、博物館等が閉まります。移動しようにも、観光しようにも何もできない、なんてことも。

ということで、イスラエル訪問の観光客のほとんどが、このシャバッドの時期を避けるのですが、実はそれは間違い。シャバッドの時こそ、特にエルサレムを訪れるべきなんです!

その理由が、シャバッドの日には、ユダヤ教の儀式を間近で見ることができるから。特に、夜の嘆きの壁は圧巻です。

ということで、この記事ではエルサレムのシャバッドについて紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブログランキングに参加しています。

上の「世界一周」ボタンがクリックされるとランキングが上がります。

励みになるので、ご協力ください!:D

シャバッド(安息日)とは

シャバッドとは、ユダヤ教の安息日のことで、金曜日の夕方から土曜日の日没までを指します。

キリスト教にも、イスラム教にも安息日はありますが、ユダヤ教のそれは一味違います。ユダヤ教では、安息日にやってはいけないこと(メラハー)が沢山あるんです。

それは、働くことだけでなく、ペンを持つことも、車に乗ることも、料理をすることも禁止されているんです。さらに驚きなのが、電化製品や電灯のスイッチを押してもいけない。

これは、メラハー(やってはいけないことリスト)に「火を付ける」という項目があるため。「電気を使うこと=火を使う」という解釈なのです。

ご飯も作れず、電気も使えずにどうやって生活しているんですか?
その辺は、意外と柔軟。ここも結構面白いんです。
  • 電気を使ってはいけない

→ 使いたい時間/切りたい時間に、自動でon/offするように設定、エレベーターも自動で各階に止まる

  • 料理をしてはいけない

→ 安息日前に作り置き、自動保温プレート

  • 運動(スポーツ)もしてはいけない

→ 安息日に喜びをもたらすものだから、全力じゃなければやっても良い(何それ笑)

  • どうしようもない時

→ ユダヤ教以外の人に頼む

意外と柔軟にやっていることがわかります。自動でon/offする家電や、便利グッズは「安息日グッズ」と呼ばれて、日々進化しているんだとか。

ただし、ここまで徹底的に安息日を守っているのは、ユダヤ教の中でも正統派と呼ばれる一部の人たちのみ。最近の調査では、ユダヤ教徒の内、安息日を守っていない人たちは60%に及ぶことがわかったそうです。

また、余談ですが面白かったのが、スマホ。安息日には、スマホをいじる事ももちろん禁じられている。

関係なく使っている人も多いようですが、中には週に1日くらい世俗から離れたい、SNSから離れたいと言う理由で、安息日にはスマホを封印している人も多いんだとか。

 

シャバッド(安息日)中のエルサレム

上述のように、シャバッドの期間中、ユダヤ教徒の方々は働くことができません。そのため、正統派の多いエルサレムでは、バスやトラムなどの公共機関や、博物館、レストランや売店など、ほとんどのお店が閉まってしまいます。

パレスチナ人(アラブ人)や、イスラム教徒、外国人が経営するお店やバスは、シャバッドの間も営業しています。

 

ユダヤ人にとって、シャバッド(安息日)はただの休みではない

安息日にだけ見れる!成人の儀式「バル・ミツワー」

ユダヤ人にとって、シャバッド(安息日)の間は、ずっと家で休んでいるかというと、全く違います。逆に、シャバッドの期間にこそ出来ることがあるんです。

それが、ユダヤ人の成人の儀式「バル・ミツワー」。

ユダヤ教では、13歳になった男児をバル・ミツワーと呼び、13歳になった最初の安息日に、家族親族を交えてお祝いをします。エルサレムでは、嘆きの壁まで、音楽隊を引き連れて行進をし、嘆きの壁で初めてトーラを読みます。

僕は、たまたまエルサレムの旧市街で、このパレードに遭遇することができました。本当に感動しました。

彼が本日の主役。バル・ミツワーです。おめでとう。

「バル・ミツワー」は、「義務を負う人」という意味で、ユダヤ教では13歳で大人の仲間入りを果たすことになります。

このパレードには、盛大な音楽隊が参加。

親戚、友人一同、お爺さんから、子供まで参加します。このバル・ミツワーに招待されることは、かなり名誉なことなんだとか。

子供達もめちゃめちゃ可愛い。

 

バル・ミツワー:嘆きの壁で初めてのトーラ

バル・ミツワーは、パレードをするだけではありません。一番のメインイベントが、トーラを読むこと。トーラとは、ユダヤ教の聖書の中の最初の「モーセ五書」のこと。旧約聖書の一部です。

ユダヤ教世界では、何千年もの間、このトーラを読むことが生活の基礎となっていて、13歳になると、ついにこのトーラを読むことができるようになります。

トーラは、古代ヘブライ語で、手書きで書かれていて、読むことは簡単ではありません。

イメージでは、古事記の原本を読んでいるようなもの。これを13歳で行うのは中々大変です。さらに、みんなの前で長文のスピーチをする必要もあります。

一般的にイスラエル人の子供は、かなり大人びていると言われていますが、こうした事からも理由がわかるなと感じました

ちなみに嘆きの壁では、男女が真ん中の仕切りで分かれているため、嘆きの壁でトーラを読む場面には、女性は入ることができません。

そのため写真のように、ボーダーの付近でトーラを読み、壁越しに女性たちが覗き込むような形になります。

さらに、嘆きの壁で、お父さんの指導のもと、トーラを読む少年の姿もありました。

 

金曜の夜は嘆きの壁へ!

エルサレムで一番有名な観光地の一つ、それが「嘆きの壁」。

嘆きの壁の前では、写真のようにユダヤ教徒の方々が、毎日お祈りを捧げています。

嘆きの壁の横には、室内サイドもあって、入ることもできる。

ここでは、静かに聖書の勉強をしている人が多いです。

嘆きの壁には、いつ行っても写真のようにお祈りを捧げる人がいますが、シャバッドの間、特に金曜の夜は話が違います。

まず、嘆きの壁へ行く道中、沢山のユダヤ教徒の方々に出くわします。しかも、みんな正装で。

そして、嘆きの壁に着くと、これ。

す、すごい人、、

超正統派と呼ばれる黒い正装に身を包んだユダヤ教徒で、嘆きの壁周辺が埋め尽くされます。

では、この日、彼らは何をするかと言うと、お祈りだけではありません。驚きだったのですが、みんな大声で叫んだり、回って踊って歌ったり、友人と笑い合っていました。

これまで、世界中で色々なお祭りや儀式を見てきましたが、これは、またどこのものとも違う。本当に良いものを見ました。

 

まとめ

ということで、エルサレムのシャバッドと嘆きの壁についてでした!

エルサレムはとにかく見所が多い!「嘆きの壁」は、ほとんどの観光客が訪れる場所ですが、シャバッドの期間は全くの別物なので、できれば訪れてほしい!

さらに、金曜日に旧市街を歩くと、結構な確率でバル・ミツワー(成人の儀式)に出会うことができます!

シャバッドは避けがられがちですが、実は絶対に訪れるべき期間なんです!

次の記事では、エルサレムから死海への行き方について紹介します!

See you!

Always think easy, go easy.

著者からのお願い

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

記事が参考になったと感じたら、上の「世界一周」ボタンをクリックして頂けるとランキングが上がって励みになります!宜しくお願いします!